「他人」の壁

「他人」の壁

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

●「話せばわかる」は、やはり大ウソ!
「自分」と「自分以外の存在」を正しく認識できれば
世間や物事の見方は180度変わりだす!

なぜ、相手は自分をなかなか理解してくれないと思ってしまうのか?
なぜ、いつもあの人には話が通じないと思ってしまうのか?
なぜ、悩みや不安はいつまでたっても消えないのか?
なぜ、都合の悪いことは無意識でシャットアウトしてしまうのか?
なぜ、「本当の自分」があると思い込んでしまうのか……

「自分」にとらわれることで他人や環境を正しく理解できず、
かえって自分の認識をも妨げ、
物事の本質の理解から遠のいているのが根底にあるのである。
いわば理解の「壁」が存在し邪魔しているのである。

かつて『バカの壁』(400万部)で一世を風靡した脳科学者の養老孟司氏と、
心理学の専門家でありタレントとしても注目されている名越康文氏が、
人生、脳、仕事、世間、老若男女、死、宗教、AI、脱グローバリズムなどのテーマから
「自分」を超え、相手や周囲に「気づく」ことで物事の本質を極め
読者の方が思考の新たな次元が見えてくるようになるユニークな対談本。

ジャンル
出版社
SBクリエイティブ
掲載誌・レーベル
SB新書
ページ数
216ページ
電子版発売日
2017年07月05日
紙の本の発売
2017年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

「他人」の壁 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年10月08日

    好きな二人の対談本。自分(30代)より上の世代の人の考えに触れるのは、自分の価値観を揺さぶるにはとても良い。

    仏教哲学が入っているせいもあって、この作品が一つの法話のようにも読めました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月08日

     情報は死んだ(固定した)もの。そして人は、生きている。その違いを認識しておくべきなんだろうな。でも人は人に対してすら、情報を求めがち。なぜかって、その方が楽だから。

     人間なんてそうそう変わるもんじゃない、というのもひとつの真理なんだろうけどさ。でも、生きている以上、実はいっしょじゃないよ、とい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月26日

    久しぶりの対談本。
    こういう本は単純に1冊で2人の意見が聞けるから面白い。
    あの人はいつも話が通じない。
    自分がなかなか理解されない。
    現代人はわかりたがろうとする。
    議論して通じるはずと思い込んでいる。
    前に読んだ友達幻想に似ているなと思いました。
    なんでも意味で満たすところがありますよね。
    最近...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月11日

    養老孟司さん、名越康文さんの対談集『他人の壁』

    「他人」をわかりたがる現代人。前提が違うのだからわからないのに、通じるはずだという思い込みがストレスになっている。というところから話が展開。

    なるほどと思いながらも、お二人のような達観した境地に至るのはまだまだ程遠いかなと。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年06月03日

    脳や心理に長けた人気者のおふたりが口を揃えて言う。

    「他人なんて分からないもの。無理に分かろうとしないで、ただ、ぶつからなければいい」

    大変参考になりました。
    養老さんが好き放題言って、名越さんが上手に回収するという感じの対談集でした。
    後半は仏教よりのお話が多かったです。
    「自分の中で芽生えた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています