緋の天空

緋の天空

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

時は奈良時代。藤原家の一族として生を享け、美しく光り輝くように成長した姿から、父・藤原不比等に光明子と名付けられた一人の少女がいた。成長とともに激しさを増す朝廷の権力争い、貧窮者の救済、仏教の広布、相次ぐ災害や疫病……数々の混迷を乗り越え、夫・聖武天皇を支え、国と民を照らす大仏の建立を目指す。時代を大きく動かし、国の礎を築いた光明皇后。その生涯が鮮やかに蘇る歴史長編。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
384ページ
電子版発売日
2017年07月07日
紙の本の発売
2017年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

緋の天空 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年05月17日

    歴史小説に多くみられることだけど、特にこの時代は書き手や視点となる人物によって善人にも悪人にもなるところが面白い。
    ここで描かれる光明子はえらくいい人に描かれている。
    反面、長屋王がやたら悪く描かれているのが非常に新鮮だった。

    自分の持っている知識と突き合わせて読んでしまうと思うところも多く出てく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月23日

    女性を主人公にした歴史物って、力強くも繊細で勇気づけてくれる。大河の篤姫しかり、綾瀬はるか演じる八重しかり。
    ・・・とそんな気持ちで読み始めたら、、早速の挫折。
    あの、奈良時代の人間関係の複雑さ。血筋だけでも混乱するのに名前が難しい。登場人物の関係性がちんぷんかんぷんになり、話の展開がよくわからない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月11日

    奈良時代の光明皇后を主人公に、長屋王の変をメインに据えた時の政争とひとびとの生きざまを描く。

    葉室作品らしいまっすぐさを、殆どの人物が備えて描かれています。貫きたいものがそれぞれにあり、その為に手を汚すこともある……というような。
    その中で光明皇后がつねに光たらんと生きる姿は、まさに葉室作品の女性...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月03日

    時代小説を古代から明治までのカテゴリって無理あるなあ

    さて、光明皇后主人公です
    この人はなんぼ美しく描いても許される気がする
    葉室先生が古代小説書くと思ってなかったが、作品のテーマは少し深秘の力を持つ光明皇后(役には立たない)が、十一面観音菩薩の慈愛みちた性格で、生きて居た時の主だった事件に微妙に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月09日

    聖武天皇の皇后、光明子の話。長屋王の変を中心に大仏建立までの奈良時代を、藤原不比等の娘がどうやって生き抜いたか。ひとりの女性の成長譚。葉室麟のなかでは異質な話だったが面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています