赤の神紋 第十三章―Angelos Glow―

赤の神紋 第十三章―Angelos Glow―

作者名 :
通常価格 507円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

『赤の神紋』のオーギュスト役を賭け、十日限りの舞台『メデュウサ』の幕が開いた。榛原憂月が創造した「完璧なハミル」を体現するワタル。観客を巻き込み、悪意さえ感じさせる常識を超えたケイの演技。葛川蛍と来宮ワタル、Wキャストに観客の降す審問は!? 一方、舞台に呑み込まれてゆくケイを守ろうとする響生は、榛原の胸に刻印された十字架の秘密に向き合うことになり…。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2017年08月18日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年04月27日

シリーズ13


いよいよ直接対決!

ケイとワタル、
榛原と連城、

ワタルのちょっとだけ弱い可愛い所も見れて
昔、一人芝居の時に基礎を教えてくれた舞台監督とのやりとりに和む


榛原の隠れ家と、そこの老婦人、
好物の麩菓子に和みつつ、

舞台はドンドンエキサイト!

すげーなこのほん

このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~16巻配信中

※予約作品はカートに入りません

11~16件目 / 16件
  • 赤の神紋 第九章―Overnight Aria―
    ケイの故郷を訪ねた響生とケイ。ケイが秘めた深い傷を癒そうとする響生に2人の距離は近くなったかに思えた。一方、来宮ワタルが出演する響生原作の映画の撮影が迫り、不安と焦りに駆られるケイ。やがてそれぞれの新作が始まった。舞台にすべてをぶつけるケイとワタルに“F”と名乗る謎の人物から青い薔薇の花束が届く。“天国で待っています”という不気味なメッセージの意味は!?
  • 赤の神紋 第十章―Double Tempest―
    帆津羅(ほづら)を演じるワタルの演技に魅入られた響生。「自らの創造した世界を体現する者がここにもいた」動揺を隠せない響生は、ケイをとるかワタルをとるか選択を迫られる。答えを待つケイは、誘拐された共演者・勇太を奪還せんとして得体の知れない若者達に翻弄される。そしてついに目覚めたケイの<共演者殺し>は本番の舞台へと牙を剥いた。リタイアした主演の代役として舞台に現れたのは!?
  • 赤の神紋 第十一章―Forbidden Bridge―
    オーギュスト役の最終選考『メデュウサ』を演じる条件として榛原はケイに自らのハミル像を作り出すことを命じた。ワタルのハミルを超えることができるのか――焦りとプレッシャーに押しつぶされそうなケイ。響生はかつてハミルを演じ、榛原との確執で舞台を遠ざかった藤崎晃一に会うことを提案する。ケイと藤崎の出会いは何を生み出すのか? 榛原と彼の最後の稽古に秘められたものとは?
  • 赤の神紋 第十二章―Zodiac Eater―
    天才演出家・榛原憂月との確執で役者生命を絶たれた藤崎晃一が、ケイの指導役となって闘いを挑んできた。榛原はすでにケイをオーギュストから外した後だっただけに驚愕を隠せない。ケイにかつての藤崎の姿を重ねる榛原は勝負の行方を観客に委ね、オーギュスト役の最終決定権を賭けて争うことに。自分を倒せとの榛原の宣言の真意は? ヒートアップするケイとワタルの舞台決戦の行方は!?
  • 赤の神紋 第十三章―Angelos Glow―
    『赤の神紋』のオーギュスト役を賭け、十日限りの舞台『メデュウサ』の幕が開いた。榛原憂月が創造した「完璧なハミル」を体現するワタル。観客を巻き込み、悪意さえ感じさせる常識を超えたケイの演技。葛川蛍と来宮ワタル、Wキャストに観客の降す審問は!? 一方、舞台に呑み込まれてゆくケイを守ろうとする響生は、榛原の胸に刻印された十字架の秘密に向き合うことになり…。
  • 赤の神紋 第十四章―Divine Red―
    『メデュウサ』対決は後半戦に突入。昏倒した榛原は意識不明に陥っていた。藤崎は舞台上のケイに、かつて藤崎を追い詰めた榛原の姿を見出して、舞台崩壊を予言する。戦慄する連城の前で、だが、全能感に酔うケイは着々と破局への道筋を辿っていた。そしてついに最強の<共演者殺し>が牙を剥く! 葛川蛍と来宮ワタル、『赤の神紋』のオーギュスト役を勝ち取るのは!? 演劇ロマン、感動の最終章。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています