「藤井咲耶」おすすめ作品一覧

「藤井咲耶」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:藤井咲耶(フジイサクヤ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1月16日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:マンガ家

『ボーイ・ボーイ 私立光稜学院誠心寮』、『利口な犬と馬鹿な犬』、『夜に濡らされて』などの漫画作品を手がける。また、『極・嫁-百花繚乱-』(日向 唯稀)、『赤の神紋』(桑原 水菜)などの作品で挿絵を手がける。

配信予定・最新刊

11/15入荷
夜々の甘い陶酔
756円(税込)
購入予約

作品一覧

2017/09/08更新

ユーザーレビュー

  • 赤の神紋 第十三章―Angelos Glow―
    シリーズ13


    いよいよ直接対決!

    ケイとワタル、
    榛原と連城、

    ワタルのちょっとだけ弱い可愛い所も見れて
    昔、一人芝居の時に基礎を教えてくれた舞台監督とのやりとりに和む


    榛原の隠れ家と、そこの老婦人、
    好物の麩菓子に和みつつ、

    舞台はドンドンエキサイト!

    すげーなこのほん
  • 赤の神紋 第十二章―Zodiac Eater―
    シリーズ12

    いよいよメデュウサの練習に入った、
    ワタルとケイ


    ワタルが不安を見せて、
    連城がそれを抱きしめて、

    それを見たケイがゲネプロの後に
    お家へ来て…

    の一連のシーンがすっごいいい



    藤沢対榛原の演出合戦も、見もの!
  • 銀翼の騎士【特別版イラスト入り】

    熱を孕む愛の行く末

     先導するユーグによって、快楽に呑まれていく司は、最初はいやだいやだとしか言わないし、叫ぶような喘ぎしかしてくれませんが、回を重ねるごとに具合もよくなってきたのか良い声で鳴いてくれます。またそれがかわいく、以前の恋人、ロイに対する背徳であるからこそ、またそそられてしまいます。
  • 赤の神紋 第三章―Through the Thorn Gate―
    ニューヨークで本物の、榛原演出のメデュウサを観たふたり


    旅気分満喫しつつ、衝撃を受けたケイが、演じることを悩み、もがき、何かを見いだしていく


    シリーズ3
  • 赤の神紋 第二章―Heavenward Ladder―
    シリーズ2


    新しいチャンスを掴んだ!と思ったら、
    そこから降板…

    演じる喜びと苦悩、見守る連城の傷み


    圧倒的熱量で、一気よみ!