異世界食堂 1巻
  • 完結

異世界食堂 1巻

作者名 :
通常価格 618円 (562円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

【「扉」の向こうは、美味しすぎる異世界でした。】
オフィス街に程近い商店街にある食堂「洋食のねこや」。猫の絵が描かれた扉が目印なことと、洋食以外のメニューが豊富なことを除けばごく普通の食堂…だが、一つだけ秘密がある。毎週土曜日の店休日、「ねこや」は“特別な客”で溢れ返るのだ。“こちらの世界”の人間なら食べ慣れた料理でさえも、彼らにとっては見たことのない絶品料理。そのため、特別な客"たちは、「ねこや」をこう呼んでいる―――「異世界食堂」。読めば必ずお腹がすく、美味しい異世界ファンタジー、開店です。
(C)2017 Junpei Inuzuka/Shufunotomo Infos Co.,Ltd. (C)2017 Takaaki Kugatsu

ジャンル
出版社
スクウェア・エニックス
掲載誌・レーベル
ヤングガンガン
ページ数
168ページ
電子版発売日
2017年06月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
28MB
    購入済み

    原作の

    ぱんがいあ 2017年06月28日

    アニメ化記念安売りを見かけて、どんなもんかいなと試し読み。
    「これは確かに絵付きが見たい…」で、アニメを待たずに漫画も試し読み。

    …漫画も原作も全部マイ本棚に並んださ!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    カミさんも気に入っているんだが

    壇那院 2017年12月04日

    原作小説とは、また違った味わいがあるね。無論、アニメ版ともちょっと違う。
    晩飯喰ったばかりなのだが、夜食に何か喰いたくなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月17日

    土曜日にだけ違う世界に繋がる洋食屋さん。いろんな種族のお客様がいっぱい。先代からのお客様がいるって、何年前から繋がってるんだろう。うー、メンチカツが食べたくなった。モーニングセットもいいな。お夜食におにぎり+おみそ汁は空腹の敵!絵柄とお話自体は気に入ったんだけど、なんで口の中をしつこく描くのかな…そ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    美味しそう(^。^)

    クリント 2017年09月11日

    実際に食べたくなります。メンチカツにビーフシチュー。秋の夜長に読むのは危険です。私はコンビニに走りました。

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 全4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 異世界食堂 1巻
    完結
    618円(税込)
    【「扉」の向こうは、美味しすぎる異世界でした。】 オフィス街に程近い商店街にある食堂「洋食のねこや」。猫の絵が描かれた扉が目印なことと、洋食以外のメニューが豊富なことを除けばごく普通の食堂…だが、一つだけ秘密がある。毎週土曜日の店休日、「ねこや」は“特別な客”で溢れ返るのだ。“こちらの世界”の人間なら食べ慣れた料理でさえも、彼らにとっては見たことのない絶品料理。そのため、特別な客"...
  • 異世界食堂 2巻
    完結
    618円(税込)
    【美味しいは“異世界”共通!】 毎週土曜の特別営業。「洋食のねこや」に、森や砂浜、街角と様々な場所から客が訪れる。お腹だけでなく目も心も満たされる料理を堪能するため、七日に一度、彼らは“異世界”より足を運ぶ。人呼んで―――「異世界食堂」。料理を楽しむ声と、軽やかな鈴の音を乗せて。今日も、チリンチリンと「異世界食堂」の扉が開く。読めば必ずお腹がすく、美味しい異世界ファンタジー、一期一...
  • 異世界食堂 3巻
    完結
    618円(税込)
    当コンテンツを購入後、以下のURLにアクセスし、利用規約に同意の上、特典画像を入手してください。 【“美味しい”の数だけ、広がる笑顔。】 七日に一度だけ現れる、猫の絵が描かれた扉。チリンチリンと鈴の音を響かせながら開くと、そこは―――「異世界食堂」。見たことのない、されど美味しい料理を前に、異世界の住人たちに浮かぶ一つの疑問。―――どの料理が一番旨いか。結論の出ない話題を肴に、彼らは、...
  • 異世界食堂 4巻
    完結
    679円(税込)
    【購入者限定 電子書籍版特典あり】 当コンテンツを購入後、以下のURLにアクセスし、利用規約に同意の上、特典イラストを入手してください。 【「扉」の向こうで巻き起こる、 美味しくて温かい物語。】 夜でも明るく、真夏でも涼しく、冬でも暖かい不思議な料理屋。猫の絵が描かれた扉を開いた先には―――「異世界食堂」。「洋食のねこや」、創業五十年。「異世界食堂」、開店三十年。今日も小さな食堂は変...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています