異世界食堂 1

異世界食堂 1

作者名 :
通常価格 638円 (580円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

オフィス街に程近い商店街の一角、犬の看板が目印の雑居ビルの地下一階にその店はある。
猫の絵が描かれた扉の食堂「洋食のねこや」。
創業五十年、オフィス街のサラリーマンの胃袋を満たし続けてきた。
洋食屋といいながら、洋食以外のメニューも豊富なことが特徴といえば特徴なごく普通の食堂だ。
しかし、「ある世界」の人たちにとっては、特別でオンリーワンな一軒に変わる。
「ねこや」には一つの秘密がある。
毎週土曜日の店休日、「ねこや」は“特別な客”で溢れ返るのだ。
チリンチリンと鈴の音を響かせやってくる、生まれも、育ちも、種族すらもばらばらの客たちが求めるのは、世にも珍しい不思議で美味しい料理。
いや、オフィス街の人なら見慣れた、食べ慣れた料理だ。
しかし、「土曜日の客たち」=「ある世界の人たち」にとっては見たことも聞いたこともない料理ばかり。
特別な絶品料理を出す、「ねこや」は、「ある世界」の人たちからこう呼ばれている。
―――――「異世界食堂」。
そして今週もまた、チリンチリンと鈴の音が響く。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
主婦の友社
シリーズ
異世界食堂シリーズ
ページ数
344ページ
電子版発売日
2017年06月27日
紙の本の発売
2015年02月
サイズ(目安)
8MB
  • アニメ化

    「異世界食堂2」

    2021年10月~ テレビ東京・AT-Xほか
    声の出演:諏訪部順一、上坂すみれ、大西沙織

書店員のおすすめ

無慈悲なる飯テロラノベ!(※ダイエット中の人にはオススメしません)
エルフやドワーフ、賢者に騎士にリザードマン……そんな王道ファンタジーに東京の洋食店「ねこや」の扉が現れるお話。
1話完結もので主人公はお客様、各話ごとに視点が変わるのでバラエティ豊かな食レポ(?)が楽しめます。
名だたる大剣士も大賢者も「ねこや」では食事と酒を楽しむただのオッサン……しかも扉は7日に1度しか現れない焦らし仕様で「ついに、7日ぶりの……ドヨウの日が……!」と心待ちにしている姿は何とも和みます。
料理への反応が皆純真で微笑ましく、味が想像しやすい定番メニューな事もあって読みながら食欲が湧いてしまうのが少々困り所。
サクッとジューシーなメンチカツを求め洋食屋へ旅立った読者は私だけではないハズ。
1話完結なので時間のない人にもオススメ! ……というのは大嘘で、読みやすさも相まって「もう1話だけ…」とつい読み続けてしまうので要注意です。
やめられない止まらない、かっ○えびせん的飯テロ作品。
個人的に1巻カレーライスの話がお気に入り、腹にも胸にもグッときました……!

異世界食堂 1 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2019年09月03日

    たまたま手にしたこの本のお試しコミック版が予想外に面白かったので、原書の本書を読んでみました。これがもう大正解!
    「ライトノベル」「異世界」ときたら、もうお馴染みの「何の取り柄もないニートな主人公が異世界に転生してチートな技を使って異世界で最強になり、そして異性に超モテモテ!?」みたいなのを想像しち...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    食は万国、万世界共通

    ゆきかぜ 2021年02月06日

    剣と魔法の心躍る戦い…ではなく食事をすることがメインになっているが、それで充分楽しめます。
    読むと食べたくなります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月15日

    出てくるごはんが全て美味しそう。
    2~3ページ程で完結する短編でテンポも良かった。
    次の巻も是非読みたい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月05日

    美味しい料理はひとをすべからく幸せにするのです。

    飯テロ小説です。深夜の読書は控えますように。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月01日

    異世界ものの中でもとびっきりの異色の作品。
    小話をつなぎながら、独自の物語の世界を作っていく作品。
    「深夜食堂」あたりを想像するといいかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月13日

    友人が気に入っていたようだったので買ってみた本。大変おもしろく読んだ。
    ニッチなところを巧く突いてきたなぁという印象。

    もともと、料理漫画というのはよくあるが、料理小説というのはあまり多くない。というのも、視覚的情報をうまく伝えられないからだと思う。
    絵で伝わる情報量というのはすさまじい。
    例えば...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月07日

    異世界に週に一回現れる扉は日本の洋食屋に繋がる魔法の扉。
    異世界の人々がひたすらに洋食食べるのが堪らなく美味しそう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月12日

    異世界グルメもの
    この作品は「洋食のねこや」と言う
    洋食メインの食堂がメイン舞台となる
    食堂の店主が異世界に行くのではなく
    異世界から客が来るというスタイルのストーリー

    作品の特徴は
    ・異世界からくる客が多種多様で
     人間以外の亜種も来る
    ・来る客が毎回好みの同じものを食べることが多い
    ・最も重要...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月04日

    1話読み終わるごとに食べたくなってくる。
    食事の表現が上手いなぁと感じました

    次の巻も読みたいと思います

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月24日

    異世界食堂と聞き、なるほど料理人が異世界に転生して異世界の食材に四苦八苦しながら食堂を営む話かと思ったのですが違いました。
    現実世界こっちの世界のオフィス街の商店街にあるビルの地下1階。そこにある「洋食のねこや」は平日勤め人で賑わうお店。洋食屋と言うもののメニューは様々豊富。その洋食屋には秘密があっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

異世界食堂 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 異世界食堂 1
    638円(税込)
    オフィス街に程近い商店街の一角、犬の看板が目印の雑居ビルの地下一階にその店はある。 猫の絵が描かれた扉の食堂「洋食のねこや」。 創業五十年、オフィス街のサラリーマンの胃袋を満たし続けてきた。 洋食屋といいながら、洋食以外のメニューも豊富なことが特徴といえば特徴なごく普通の食堂だ。 しかし、「ある世界」の人たちにとっては、特別でオンリーワンな一軒に変わる。 「ねこや」には一つの秘密がある。 毎週土曜日の店休日、「ねこや」は“特別な客”で溢れ返るのだ。 チリンチリンと鈴の音を響かせやってくる、生まれも、育ちも、種族すらもばらばらの客たちが求めるのは、世にも珍しい不思議で美味しい料理。 いや、オフィス街の人なら見慣れた、食べ慣れた料理だ。 しかし、「土曜日の客たち」=「ある世界の人たち」にとっては見たことも聞いたこともない料理ばかり。 特別な絶品料理を出す、「ねこや」は、「ある世界」の人たちからこう呼ばれている。 ―――――「異世界食堂」。 そして今週もまた、チリンチリンと鈴の音が響く。
  • 異世界食堂 2
    638円(税込)
    最寄駅から徒歩5分。 オフィス街に程近い商店街の一角に立つ、犬の看板が目印の雑居ビルの地下一階。 猫の絵が描かれた樫の木の扉を開くとそこは、「洋食のねこや」。 創業五十年、近所のオフィス街のサラリーマンが主な客であり、ちょっと料理の種類が多いのと、洋食じゃないメニューを出すことが特徴。 特別営業の土曜日だけの新たな従業員が加わった。 名前はアレッタ。生まれも育ちも向こうの世界の、魔族の娘。 変わった従業員を新たに加え、店はまたいつものように続いていく。 毎週土曜の特別営業。迎える客は異世界の人々。 それが―――――「異世界食堂」。 そして今週もまた、チリンチリンと鈴の音が響く。
  • 異世界食堂 3
    660円(税込)
    その扉の先には、不思議な料理屋がある。 洋食のねこや。 窓一つ無いのに不思議と明るい部屋の中には見たこともないような内装。 出てくる料理は不思議な、されど美味しい料理。 どの料理が一番美味いか。時折話題には上るが結論が出たことは無い。 彼らは料理を食べて語らい、時に新しい発見をする。 故に彼らがこの店に名付けた名前は『異世界食堂』。 それが、この異世界食堂で三十年繰り返されてきた営みなのである。 チリンチリン------そしてまた、土曜日が来るたびに鈴が鳴る。
  • 異世界食堂 4
    660円(税込)
    家族を持ったことのない、遠い異世界からやってきた女。 家族を失い遠い大陸から戻ってきた男。 終戦間もない混沌の時代に二人は出会った。 女ができた仕事はただ一つ。魔王を狩ることのみ。 男ができる仕事はただ一つ。料理を作ることのみ。 やがて女と男は店を持ち、家族を作り、そして異世界の客を招く。 かくて始まりし『異世界食堂』。毎週土曜日にだけ開くこの店は、 絶品の料理で多くの客をもてなす。 『洋食のねこや』、創業五十年。 『異世界食堂』、開店三十年。今日も、チリンチリンと扉が開く。
  • 異世界食堂 5
    693円(税込)
    異世界グルメファンタジー待望の第5弾。書籍限定、アニメBD特典エピソードも一挙掲載!! オフィス街に程近い商店街の一角、 古い雑居ビルの地下一階にある『洋食のねこや』。 平日はサラリーマンが多く通うありふれた洋食屋は、 一週間に一度、土曜日にだけ「特別」なお店になる。 先代の頃より三十年間「向こう」の客を絶品料理でもてなしていた『異世界食堂』は、 『異世界料理のねこや』として新装開店する。 それは、店の主が変わった一つの区切りの証。 けれど、新たな看板を掲げて名前が変わっても、小さな食堂の営みは変わらない。 ちょっと変わった給仕とともに、訪れた人々に美味しい料理をふるまい続ける。 チリンチリン――。そうして今日もまた、土曜日に鐘が鳴る。 犬塚 惇平(いぬづかじゅんぺい):九州在住。本作にてデビュー。 エナミ カツミ:イラストレーター。 多くのライトノベルやゲームのキャラクターデザインを担当。 代表作に「バッカーノ! 」など。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています