凍った夏

凍った夏

作者名 :
通常価格 1,324円 (1,204円+税)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

12月、イーリーの公営アパートで、デクランという男が肘掛け椅子に座ったまま死んだ。閉所恐怖症の彼は扉を外し、窓を開け放したまま寝たために凍死したらしい。自殺の可能性が高いとされたが、取材に訪れた新聞記者のドライデンは疑問をおぼえる。デクランは金に困っていたが、部屋のコイン式電気メーターには硬貨がたっぷり補充されていた。自殺する人間がそんな行動をとるだろうか? 小さな謎は思いもかけない真相の手がかりだった。ドライデンの丹念な調査と明晰な推理によって少しずつ解かれていく人々の秘密。端正な英国本格ミステリ。/解説=若林踏

ジャンル
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
473ページ
電子版発売日
2017年06月30日
紙の本の発売
2017年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

凍った夏 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年07月17日

    それぞれに重量のある出来事が積み重なっている印象。いささか詰め込み過ぎかもしれないが。

    ドライデン・シリーズの4作目ということだが、初めて読んでも特に支障はなかった。
    ただ、ドライデンとローラにもう少し重心をかけてほしかったなあと思うのは、ここまでの経緯を知らないせいだろうか?

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年01月07日

    新聞記者ドライデンシリーズの第四弾。

    凍死か自殺か。
    しかし取材の訪れた新聞記者ドライデンは疑問を感じる。
    さらに別の男性が凍死する。
    二人とも孤児院での虐待の証人として名乗りをあげていたたのは、偶然なのか。
    まさか。

    さらに調べていくと、
    驚いたことに、その二人とドライデンは友達だった。
    ひと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています