玉木亨の一覧

「玉木亨」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2022/07/19更新

ユーザーレビュー

  • ブラック・フォン
    文句なしに大満足の一冊。ジョー・ヒル「お試し」としては十分すぎる内容。こんなにも気持ち悪くて、こんなにも美しい物語を、様々なスタイルで読めるなんて。
    私のお気に入りは「ポップ・アート」。近年読んだ中で最も美しい物語。イタロ・カルヴィーノの「木登り男爵」のラストを思わせるクライマックスには泣けました。...続きを読む
  • 地の告発
    シェトランド四重奏という4部作の続きで、ペレス警部シリーズとして通すと7作目。

    英国最北端のシェトランド諸島。
    狭い社会で、村の人間はお互いに何でもよく知っていると思われていたが…
    ペレス警部がささやかな葬儀に出席していた時、突然大きな地滑りが起こった。
    目の前で、農場と墓地を巻き込む事態に。
    ...続きを読む
  • 図書館司書と不死の猫
    途中で猫がとても怖くなるほど邪悪な生き物として書かれていました。
    結局ロジャーは救世主となるのですが、そうなると結末は少し悲しい気分になります。
    もう少しロジャーのおしゃべりを聞いていたかった。
  • 地の告発
    シェトランド島シリーズの七作目。

    一作目に登場した、いや重要人物だったといって良い隣人が亡くなり、
    その葬儀の最中に地滑りが発生する。
    土砂が直撃し破壊した家は人が住んでいないはずだったが、
    女性の遺体が発見され、検死で殺人だと判明する。
    女性は誰なのか、なぜ空き家にいたのか。

    サンディは前作で...続きを読む
  • 空の幻像
    シェトランド島シリーズの六作目。

    ペレス警部はだいぶ復調したようで良かった。
    事情聴取ではひたすらに相手の言葉を待ち、
    ふらりと単独捜査に出てしまうペレス警部に、
    ウィロー警部がいらいらするのはよくわかる。
    単独捜査をするならするで、
    ガーっと猪突猛進してくれた方が良いかも、と。

    アントス島で行...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!