玉木亨の作品一覧

「玉木亨」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2023/01/30更新

ユーザーレビュー

  • 水の葬送
    衝撃のシェトランド四重奏終幕を経て、新たなるシーズンの幕開け。

    すっかり心ここにあらずのジミー・ペレスは、まぁそうだよねといったところだが、そのエース不在を補おうと奮闘するサンディの頑張りにエールを送りたい。
    何かと自信がなかったり、びくびくしてはいるものの何とか一人前になろうともがく姿がいじらし...続きを読む
  • 炎の爪痕
    2007年発行の「大鴉の啼く冬」に始まった「シェトランド四重奏(カルテット)」から続いた「ペレス警部シリーズ」、こちらも4作目で完結です。

    英国最北端(つまりスコットランド最北端)のシェトランド諸島。
    荒涼とした景色が美しいが、冬は厳しく、開発もされているが、新しく住む人はそう多くはない。
    イング...続きを読む
  • 炎の爪痕
    『シェトランド』シリーズ最終巻。
    相変わらずの切れ者警部、ジミー・ペレス。だけど同時にこのオトコ、ダメダメ男。そこが魅力的なんだけれど。

    シェトランドである程度裕福なふたつの家族。次々と関係者が殺される。

    あんなに美しい諸島なのに人間臭いドロドロとした感情が見え隠れする。
    嫉妬、憎悪、それらがつ...続きを読む
  • 炎の爪痕
    シェトランド島シリーズの八作目。

    ウィローが妊娠(!)を告げたのに、
    喜びもせず感じの悪いペレス。
    たしかに、
    刑事の仕事をしながら、
    元婚約者の娘キャシーを育てるだけでも大変なのに、
    もうひとり子供を持つことの責任の重さに腰が引けてしまうのはわかるが。

    前の家の持ち主が納屋で首吊り自殺をしたた...続きを読む
  • ブラック・フォン
    文句なしに大満足の一冊。ジョー・ヒル「お試し」としては十分すぎる内容。こんなにも気持ち悪くて、こんなにも美しい物語を、様々なスタイルで読めるなんて。
    私のお気に入りは「ポップ・アート」。近年読んだ中で最も美しい物語。イタロ・カルヴィーノの「木登り男爵」のラストを思わせるクライマックスには泣けました。...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!