聖・栖

聖・栖

作者名 :
通常価格 814円 (740円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

この村に、男は都会からやって来た。女は都会から舞い戻った。若い二人を結びつけたのは、異様なヒジリの風習だった。男女の愛の生成を土俗的な集団幻想を背景に描出した野心作『聖(ひじり)』と、その続編で、両者が東京で生活を構えてからの営みを多面的に追求した『栖(すみか)』(日本文学大賞受賞)を同時収録。現代の極北を行く著者の斬新で緻密な才能の精華。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2017年05月26日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

聖・栖 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年04月02日

    日本現代文学はほとんど読まないのだけれど積読しとくのももったいないなどというそれだけの理由で手に取った本書。
    聖と栖は別々の中篇とはいえ、話にはつながりがあり、妙な風習の残る日本のどこぞの片田舎でうっかり墓堀乞食のサエモンヒジリにされてしまうのが「聖」。その後日談が「栖」。「栖」はなにやら体臭の話が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています