錆びた太陽

錆びた太陽

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「最後の事故」で、人間が立ち入れなくなった地域をパトロールしているロボット「ウルトラ・エイト」。彼らの居住区に、ある日、人間が現れた。国税庁から来たという20代の女性・財護徳子。人間である彼女の命令に従わざるを得ないロボットたち……。恩田陸の想像力が炸裂する本格長編小説。

ジャンル
出版社
朝日新聞出版
ページ数
464ページ
電子版発売日
2017年04月07日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
16MB

    Posted by ブクログ 2019年05月07日

    面白いけど、すごく面白いかと言われると分からない。ただ、今この題材を取り上げたことがすごいと思う。
    ブラックユーモアたっぷりだけど、怖すぎて笑えない。

    この作品を書くに当たって恩田陸本人がウェブに書き下ろしたエッセイが衝撃的なので、ぜひそちらも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月24日

    原発のことはナイーブな話題だから、それをこんな風に面白い話にするのはやっぱりすごいなあと思った。ボスかっこいい。時々出てくる、開発者のこだわりが面白い。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    現実とどちらが

    内部被曝危険 2018年03月22日

    あ~この人はやっぱりきちんと現実に対峙できる人なんだな、と。
    しかしちょっと肩透かしを食った読後感で、それが何故かしばらく考えてみたのですが。
    結局、この小説の中でも日本政府は許せない存在なのですが・・・、現実の方が、汚染された土地を安全と言い張って住民を戻そうとする現実の政府の方が、よほどひど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月28日

    風刺性の強い世界ではあるけど、エンターテイメントとしてワクワクしながら読めるお話だったと思う。

    本とは別に、恩田陸直筆のメッセージカードが入っていた。
    メッセージ冒頭「ストレイテナーを聞いていたら、この物語の情景が浮かんだ」……恩田陸ストレイテナー聞くんだ?!青春爆走小説なのかな?と思ったらとんで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月25日

    未来のロボットには、感情を理解できるようになるんだろうか?
    ・・・感情も長年の出来事の積み重ねでコントロールされているのかな。
    原発のこと、福島のこと、色々考えさせられた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月27日

    4.4
    面白かった。
    かなり不思議な設定でしたね。
    恩田先生の小説は夜のピクニックといい、他に無い面白い観点で書かれていますが、その割に読みやすく、情景も浮かびやすいと感じます。
    他も色々読んでみたいと思わせる一冊でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月13日

    爽やかじゃない方の恩田陸ワールド全開。直木賞から読み出した人だと困惑しそう。

    と思ってレビュー読んだら、A面の恩田陸しか許せない人達だらけで見事に地獄図。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月27日

    ロボットとマルピーと人間と。人外の立場から客観的に人間を見るのは面白い。デンカのオネエキャラは恩田さんならではの雰囲気でノリが好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月04日

    ロボットが管理する放射能汚染地区に国税庁職員の女性がやってくる。滞在の三日間に目まぐるしく起きる事件。ロボット3原則に人間3原則。ロボットに仕込まれた数々の昭和テーストガジェット。日本のご当地シリーズの冷凍食品って、兵士の食事として出てきた奴?放射脳ゾンビから国家の陰謀まで盛りだくさん。
    週間朝日連...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月25日

    この近未来感は好き。ロボットの思考(というか計算か)とか楽しい。ゾンビものはあまり好きじゃないけど、意思の疎通ができるゾンビの場合は別。ロボットとゾンビと人間と不思議な動植物の世界観が面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています