眠る魚

眠る魚

作者名 :
通常価格 572円 (520円+税)
紙の本 [参考] 616円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ガイドや通訳をしながら南太平洋のバヌアツに暮らす彩実は、東日本大震災からしばらくの後、父の訃報を受けて故郷の北関東の町に一時帰国する。放射線被害についての危機感の相違や、保守的な家族たちの思考と言動に噛み合わない思いを抱くうち、「アオイロコ」という奇妙な風土病の噂を耳にする。そんな中、彩実の口中の腫瘍が悪性と診断され、入院することに――。坂東眞砂子、絶筆作品。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
560ページ
電子版発売日
2017年04月07日
紙の本の発売
2017年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

眠る魚 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年10月27日

     坂東眞砂子 著「眠る魚」、2017.2発行(文庫)。著者、未完の絶筆小説です。バヌアツに住む伊都部彩実は父の死で帰国。福島の原発事故による放射能汚染での急死はアオイロコという病によるものか・・・。後半、彩実の舌の腫瘍が悪性の舌癌とわかり入院に。このあたりから著者自身に重なってきます。本作品は手術前...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月01日

    原発の恐ろしさを改めて感じた。
    いますぐに影響がでない。数年後、数十年後に癌になるから果たして放射能の影響かどうかもわからない。そんな中で日常は進んでいくのでまた気にならなくなるんだと思う。
    もう少し原発事故について調べたいと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月29日

    未完なのでこの後どうなるのか気になります。イルミナティのくだりとか必要だったんでしょうかね。気になりますね。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング