ニュースの大問題!

ニュースの大問題!

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

新聞、TVのニュースはなぜ真実と思いこみ、誤報があるのか?
朝日新聞の「慰安婦問題」の誤報、福島原発の「吉田調書」のスクープ→大誤報、そして池上連載コラム掲載拒否、この3つの事件をめぐって、2014年はマスコミに対する不信感、ブーイングが乱れ飛んだ。ニュースはそもそも偏向している、都合の悪いことはなかなか書かない、といった批判も、じつは報道という世界の仕組みや考え方を知らないからだと著者はいう。池上彰がNHK記者としての実体験を踏まえて解説するニュースの裏側!ふだん見ているニュースはこんなふうにつくられていた!公平中立なメディアはあるか、スポンサーはどこまで力をもっているのか、ニュースは国益を考える必要があるのかなど、さまざまなニュースの大疑問に答える!!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会問題
出版社
さくら舎
電子版発売日
2017年01月20日
紙の本の発売
2015年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ニュースの大問題! のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年03月23日

    池上さんにも警察まわりの時代があったのか。記者の人事ローテーション、政治部、経済部、社会部の上下関係などが分かって面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月08日

    ●「なぜマスコミはこれをニュースにしないんだ」といったネット上でのマスコミ批判に対して、「マスコミに期待しすぎである。ニュースにできなかったのは、そのネタを拾えなかっただけ」とか、「うわさレベルのことはニュースに書けない。マスコミはきちんと確認をしてからニュースにする」といったことを述べていて、一辺...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月28日

    新聞社は民間の株式会社だから何をやろうと自由。言論・表現・報道の自由があるので、法律に反しない限り、どんなに偏った主張をしてもいい。他方、民間のテレビ局は国民共有の財産である電波を使用し、総務省から放送免許を得て仕事をしている。公平中立の立場でやらなければならないという義務と責任がある。テレビが公平...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月28日

    多忙なのか、あちこち引っ張りだこからなのか、出版乱造からなのか、最近の本は内容が薄く、思考の重みや独自の切り込みもない。
    自分の役目は情報を提供することで、意見や考えを述べることではないと書いてあり、大手マスコミの餌食となってしまったのか、もともとそうなのか・・・。
    期待するのはそろそろやめたほうが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年01月21日

    フリージャーナリストの池上彰氏が新聞やニュースなどの報道について自身の経験などを踏まえて書いた一冊。

    氏の著書は多く読んでいますが、経済や政治を解説したものとは大きく趣の異なる作品で特に氏のNHK時代での経験が書かれている箇所が多く、ニュース解説のイメージしかなかったので印象が変わりました。
    また...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年03月12日

    読みやすくてとてもよかった。
    高校生や大学生向きかなと思う。
    普段新聞やニュースに馴染みがない方も読むといいかなと思う。

    私自身、新聞の読み方やニュースとの接し方を学校で学ぶことがあまりなかったので、もっと積極的に取り入れるといいなと思った。
    今の学校では、行っているのだろうか?

    また記者の仕事...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング