わがセブン秘録

わがセブン秘録

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

日本最大の流通グループを率いた「コンビニの父」が後進に伝えたかったことは?<
2016年5月26日、セブン&アイホールディングス会長兼CEOを辞し、60年にわたる現役生活にピリオドを打った鈴木敏文氏。
「未来に向かって敷かれたレールはない。道は自分でつくるもの」と語る「コンビニの父」は、日本初のコンビニエンスストアを創業。
コンビニ銀行ほか、数々のヒット商品やサービスを生み出してきた。
引退した今だからこそ、後進に伝えたかった真実を明らかにする。

【著者紹介】
鈴木敏文(すずき・としふみ)
セブン&アイ・ホールディングス名誉顧問
1932年、長野県生まれ。
1956年、中央大学経済学部卒業後、書籍取次大手の東京出版販売(現・トーハン)に入社。
1963年、ヨーカ堂(現・イトーヨーカ堂)に移る。
1973年、セブン-イレブン・ジャパンを設立し、コンビニエンスストアを全国に広め、日本一の流通グループとして今日まで流通業界を牽引。
2003年、勲一等瑞宝章を受章。同年11月、中央大学名誉博士学位授与。経団連副会長、中央大学理事長などを歴任。
著書に『売る力――心をつかむ仕事術』『挑戦 わがロマン』などがある。

【目次より】
◆はじめに
◆第1章 懸命に「行き当たりばったり」に生きてきた
◆第2章 「無」から「有」を生むには「跳ぶ発想」を鍛える
◆第3章 「できない理由」をあげるより「実現する方法」を考えよう
◆第4章 「仕事の分母」には「売り手」ではなく常に「お客様」を置くと真実が見える
◆第5章 「判断の尺度」を「お客様」に合わせれば迷わず一秒で決断できる
◆第6章 ものごとの「本質」を見抜ければ仕事はうまくいく
◆おわりに

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
プレジデント社
ページ数
224ページ
電子版発売日
2016年12月22日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

わがセブン秘録 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年01月04日

    この人すごさは、未来を見つめる目と本質から外れない強さ。宿題は、未来とお客様が与えてくれる。過去に答えはない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月27日

    若い方が読むとおじいさんの自慢話にしか聞こえないと思います。でもこの方の、この思考があったからこそ今のコンビニがあり、日本を代表するイノベーターであることに異論の余地がないことを感じられます。

    でも一番の読みどころは最終章。目的と手段を混同しない、誰もが未来とお客様から宿題をもらっている。言葉に力...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月21日

    さすが一つの時代を作った人。
    至言の宝庫。
    熱さはなく淡々としてるところが最初は物足りないですが、徐々に沁みてきます。

    ・みんなに反対されることはたいてい成功し、みんなに賛成されることはたいてい失敗する
    ・現代の消費社会は経済学だけでなく、心理学で考えなければならない
    ・これからの流通業はネットと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月06日

    コンビニで好きなのは、セブンイレブンです。お弁当美味しいし、高級感があるから。金の食パンが超絶好きです(是非食べてみて)。


    いつだって判断の尺度を『お客様』に合わせる。
    大切にしてきたことが明確だから、オンラインストアでマーケットを掴み、どんなときも求められているものを作り、ヒット商品を生み出し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月08日

    言わずと知れた、7&iの鈴木元会長。

    セブンを始める時に言われた事。
    おにぎりや弁当について、「そういうのは家で作るのが常識だから売れるわけがない」と否定されたそうである。よく、マーケティングでリサーチの裏付けがないと新しい製品やサービスの開発が進められない事があるが、ソニーのウォークマンの例と並...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています