幼女戦記 10 Viribus Unitis

SF・ファンタジー3位

  • 最新刊

幼女戦記 10 Viribus Unitis

作者名 :
通常価格 1,080円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

帝国という国家の砂はいずれ尽きる。
遺された時間は、あまりにも少ない。
砂時計の砂が尽きるまでに、人はそれぞれの決断を迫られる。
ある者は、そんなはずがないと運命に目を瞑る。
ある者は、破局を拒絶する道を選ぶ。運命だとしても、大人しく滅ぶ道理があろうか。
活路を求めて彼らはあがく。

そして、ターニャもまた『愛国者』という仮面の裏で誓う。
己は、絶対に沈む船から逃げ出す、と。
「……転職だ。転職活動しないと」

しかして、社会的動物に逃げ道は乏しい。
帝国軍とは必要の奴隷なのだ。
彼らは、手段をえらばない。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / エンターブレイン
電子版発売日
2018年09月29日
紙の本の発売
2018年09月
コンテンツ形式
EPUB
  • 映画化

    「劇場版 幼女戦記」

    2019年2月8日公開
    声の出演:悠木碧、早見沙織

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年11月30日

やっと終戦に向けた動きが見えてきたかなぁ。確かに面白いんだけどちょっとライヒも状況的に厳しくなってきたよね。負けない為にどうやってこの戦争を終わらせるか。やっと外務省の使えそうな役人『コンラート参事官』も登場したし、今後の展開に期待。
個人的にはメアリー・スー中尉にもう少し焦点を当てて欲しいいんだけ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

いいです!

2018年10月26日

今回はターニャとヴィーシャの会話が多くて
嬉しかったです。

相手こそ優位である、と見て戦っているところが好きです。
戦果を見て、相手にしてやられた!とお互いが
憤り嘆くところも大好きです。
状態の悪化を微かに感じとり、戦々恐々としてそれでも歩き続けようとしているところがもう堪らんです。
1〜10巻...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています