新・リーダー論 大格差時代のインテリジェンス

新・リーダー論 大格差時代のインテリジェンス

作者名 :
通常価格 896円 (815円+税)
紙の本 [参考] 913円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

『新・戦争論』『大世界史』に続く人気シリーズ第3弾!
今回のテーマはリーダー論。
「優れたリーダーが出にくくなった現代だからこそ、私たちは
新たなリーダーの到来を待ち望んでしまう」(池上 彰)

【おもな目次】
●第1章 リーダー不在の時代--新自由主義とポピュリズム●
リーダー論が成り立たない時代/エリートの責任放棄/左右に共通するエリートのナルシズム など
●第2章 独裁者たちのリーダー論--プーチン・エルドアン・金正恩●
リーダーに対する国民感情/国家に不可欠な暴力装置/北朝鮮のリーダー論 など
●第3章 トランプを生み出したもの--米国大統領選1●
ドナルド・トランプと橋下徹/トランプの共和党乗っ取り作戦/民衆の破壊願望に乗るリーダー など
●第4章 エリートVS大衆--米国大統領選2●
トランプ大統領で日本はどうなる?/教育が格差をつくりだす など
●第5章 世界最古の民主主義国のポピュリズム--英国EU離脱●
国民投票が招いた国家統合の危機/アイルランドのパスポートを求める英国人 など
●第6章 国家VS資本●
パナマ文書の情報源はどこか?/税率の高い日本から逃亡するエリート など
●第7章 格差解消の経済学●
1%の増税で「教育の無償化」は可能/タンス預金の非合理性/静かなる取り付け騒ぎ ほか
●第8章 核をめぐるリーダーの言葉と決断--核拡散の恐怖●
オバマと被爆者の対面に思わず泣いてしまった/オバマ広島訪問に冷ややかだった沖縄 ほか
●第9章 リーダーはいかに育つか?●
伊勢志摩サミットの内情/角栄ブームをどう見るか?/リーダーは段階を経てつくられる ほか

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 政治
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
ページ数
256ページ
電子版発売日
2016年10月21日
紙の本の発売
2016年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

新・リーダー論 大格差時代のインテリジェンス のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年06月16日

    池上さん+佐藤優さんの本って初めて読んだけど、出版から2年半をしてこの迫力。ただのトレンド本ではない。すごいわ。何冊も読みたい本が登場したので、今後読んでいくの楽しみ。
    「思考の一貫性の欠如」「知的凡庸さ」「攻撃性」「金銭の魅惑への屈伏」「愛情関係の不安定」(エマニュエル・トッド「デモクラシー以後」...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月08日

    「人は独りじゃ生きていけない」「助け合うことが大切」は綺麗ごとじゃなく、今の日本に本当に必要とされている理念なのだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月04日

    ■新自由主義によって広がった子供の貧困と経済格差と教育格差の連鎖こそ,我々社会を驚かす最大の危機。子供の貧困と教育格差の悪循環は深刻で,今すぐに取り組むべき問題。
    ・消費税を1%上げると二兆円の増収になるが,これで0歳から22歳までの教育を無償化できる
    ・給食費や私立大学の学費など数千億円を入れても...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月30日

    池上彰氏と佐藤優氏の対談本第3弾
    とてもわかりやすく、内容が深い。
    対談の中で取り上げられる書籍もまた気になったりと、知的好奇心が広がっていきます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月20日

    池上彰氏と佐藤優氏の対談本、第3弾。

    世界は、ポピュリズムが台頭し、トランプアメリカ大統領の台頭、北朝鮮やロシアの問題、英国EU離脱、パナマ文書や格差解消など世界規模の政策が求められている。

    そんな内容をまとめた本。1年に1回の時事ネタの裏側がわかる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月19日

    インテリジェンスとしても定評のある池上彰と佐藤優による対談集の第3弾。

    2016年時点の世界の情勢を知ることができた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月05日

    二人の本、第三弾。比較的これまでのより読みやすい。トランプから日本の政治家まで、様々なリーダーを論じている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月27日

    佐藤優氏と池上彰氏が格差の拡大をもたらした新自由主義の終焉を背景としたリーダー論を対談形式で語ります。オバマ、ヒラリー、トランプからプーチン、サルコジ、ボリス・ジョンソンなどへのあまりマスコミには表出しない人物評がとても面白い。元祖トランプがサルコジだったとは!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月11日

    今回の大統領選挙についての章があったので、読んでみました。

    新自由主義、グローバリズムにより、社会がアトム化し(コミュニティが失われ)している現代。人々の不満は鬱積し、そこにポピュリズムが蔓延る土壌ができる。英国のEU離脱や、今回のトランプ現象はその流れで起きている。
    一方で、ポピュリズムに対抗す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月02日

    この本は自分にはまだ早かった。理解できそうな部分だけ読んだ。
    かなり悲観的な内容に感じるが、テーマがテーマなだけに仕方ないか。
    リーダーは集団の中から生まれる。それは政治、宗教、ジェンダー、人種等あらゆる問題、敵が存在する状況も、条件として加える必要があるかもしれない。
    たしかに、強いリーダーって逆...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています