女のいない男たち

女のいない男たち

作者名 :
通常価格 712円 (648円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

舞台俳優・家福をさいなみ続ける亡き妻の記憶。彼女はなぜあの男と関係したのかを追う「ドライブ・マイ・カー」。妻に去られた男は会社を辞めバーを始めたが、ある時を境に店を怪しい気配が包み謎に追いかけられる「木野」。封印されていた記憶の数々を解くには今しかない。見慣れたはずのこの世界に潜む秘密を探る6つの物語。村上春樹の最新短篇集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2016年10月07日
紙の本の発売
2016年10月
サイズ(目安)
1MB

女のいない男たち のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年05月12日

    『女のいない男たち、愛のカタチのコンセプト・アルバム』

    長編作品の間の一時期にまとめて書かれた6編の短編集。『女のいない男たち』をモチーフにした作品で、この6作品をまとめて一つの作品としても読める。『木野』と『シェラザード』の世界観が良かった!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月12日

    純粋で真っ直ぐで、繊細な、時に本能に弄ばれる登場人物たちの複雑な思いに、胸が苦しくなる感覚でした。

    男女という差が、邪魔だなと感じることも多いのですが、だからこそ奥行きがあって面白いのかも?

    誰しもが、他の人には言えない、自分一人で解決しなければならない秘密のようなものを抱えているのかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月14日

    やっぱり村上春樹好きだ
    音(音楽)や匂いが五感で感じられるから
    わたしが高校生の時にレディオヘッドにどハマりしたのも村上春樹のおかげ
    現実と非現実が絡み合う奇妙な世界観が大好き
    夢を自分でみてるような気持ちになる

    ドライブ・マイ・カー『文藝春秋』2013年12月号
    → 自分の住んでる周辺の地理の話...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月13日

     自分にとって、一番身近な存在だった女の人に裏切られていたことを知る男の人の物語。

    すべての女性には嘘をつくための特別な独立器官のようなものが生まれつき具わっている。…一番大事なところで嘘をつくことをためらわない。そして、そのときほとんどの女性は顔色ひとつ声音ひとつ変えない。なぜならそれは彼女では...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月08日

    やっぱり 村上春樹さんって好きだなぁ〜って思った

    この世には男性と女性がいて 他にも自分で選んだ性を生きる人もいて…お互いに惹かれあったり 近づきあったりするけど 結局それはいつまでも続くことはない
    それでも人は恋をするんだからすごいよね
    煩わしいけど 恋は素敵だなって思った
    恋が消滅することも含...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月08日

    ドライブ・マイ・カーが
    短編からできていたとは知らなかった。
    映画を見たあとに知ったので読んでみた。

    久しぶりの村上春樹
    なんだろう
    すごく読み心地のよい文体。
    やっぱ好きかも。

    「女のいない男たち」
    この逆バージョンがあったら読みたいな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月08日

    ドライブ・マイ・カー収録
    映画は見てないのだけど、喪失からの再生までは読み取れなかったので映画は膨らませたのかなと推測シェエラザードが面白かった
    女性が主人公という気がしたけど
    あと、動物、生き物が象徴的に登場する物語多し

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月07日

     アカデミー賞の影響で読みました。
     久々に村上春樹さんを読んだ。いつ読んでも重厚さを感じる内容に思えた。今回もいくつかの短編でほんの一場面の物語だったが、得体が知れない大きなものをズシリと持たされたような読後感でした。
     男には女が必要。伴侶とは違った意味で傍に存在するだけで大きな意味を持つ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月05日

    第94回アカデミー賞 国際長編映画賞を受賞した「ドライブ・マイ・カー」を観に行くため、再読する。

    映画そのものはアカデミー賞を受賞したとは言え、400字詰めで80枚分の短編小説を、なんと179分という長い尺に引き伸ばしたものだから、そんなに期待はしていなかった。
    でも、いい映画でした。
    感想を一言...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月02日

    哀しいけれど、どこかしらで真実に向き合おうとした男たち。
    傷つくべきときに十分に傷つくというのは、とても難しいことのように思う。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング