男の子が住宅建設地で拾ったのは、人間の肋骨の一部だった。レイキャヴィク警察の捜査官エーレンデュルは、通報を受けて現場に駆けつける。だが、その骨はどう見ても最近埋められたものではなさそうだった。現場近くにはかつてサマーハウスがあり、付近には英米の軍のバラックもあったらしい。サマーハウス関係者のものか。それとも軍の関係か。付近の住人の証言に現れる緑のコートの女。封印されていた哀しい事件が長いときを経て明らかに。CWAゴールドダガー賞・ガラスの鍵賞をダブル受賞。世界中が戦慄し涙した、究極の北欧ミステリ登場。

ジャンル
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
414ページ
電子版発売日
2016年07月22日
紙の本の発売
2016年07月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

緑衣の女

Posted by ブクログ 2017年08月18日

面白かった。
ぜひ続編も読みたい(文庫で)

どうでもいいけど、部下による主人公エーレンデュルへの嫌味・皮肉が
意地悪過ぎて気になる。アイスランド人にとっては普通のコミュニケーション?

このレビューは参考になりましたか?

緑衣の女

Posted by ブクログ 2017年06月19日

前作同様、ミステリーなのですが、人間関係や心情が丁寧に描かれていて話に引き込まれます。話の題材がDVなので暗いし痛いです。心の奥底に重い打撃をくらっているような感じです。犯人が誰かということよりも何故そのような事件が起こったのかというストーリーを追っていく事に重点がおかれています。犯人よりも被害者の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

緑衣の女

Posted by ブクログ 2016年09月21日

[埋めたのは、骨か心か]アイスランドの首都・レイキャビクの一角で人骨が発見される。その骨が誰のものかを警察官のエーレンデュルは探し始めるのであるが、 発見現場から少し離れたところに「緑衣の女」を見たという一人の男の証言から、事態は急展開を見せ始め......。著者は、本作でイギリスの権威あるCWAゴ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

緑衣の女

Posted by ブクログ 2016年08月04日

『湿地』に続くアイスランドのレイキャビク警察犯罪捜査官エーレンデュル・スヴェインソンを主人公とする邦訳シリーズの第2作。

前作と同様、本作もまた家族をテーマにした、恐ろしくも、哀しみに満ちた重厚な傑作ミステリーであった。

アイスランドのレイキャヴィクで発見された人骨を巡り、ある家族の壮絶な過去と...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

緑衣の女

Posted by ブクログ 2018年02月27日

「緑衣の女」、ミステリというよりは文芸作品といった趣き
トリックを明らかにしていくというよりは、人間の心のひだを探ってく感じでしょうか
ひたひたと人間の深部に分け入っていく
そうした社会や人間の暗さ・よどみを、淡々と語る怖さがあります

衝撃的な出来事も(ミステリの事件としては地味ですが)、表面的な...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

緑衣の女

Posted by ブクログ 2018年01月25日

なんだこの苦しさ…。前作同様の雰囲気。なのにページを捲ってしまう。本当にやるせない…なんでこんな人たちのせいで傷つく人が出来てしまうのか。幸せになれるはずの、とても優しくて強い人たちなのに。

今この時代も同じ思いをしている人がいるだろう。そう思うととてもやるせない。

このレビューは参考になりましたか?

緑衣の女

Posted by ブクログ 2018年01月17日

1月-3。4.0点。
エーレンデュル警部第二弾。
住宅街から、数十年前の人骨が。殺害されたと思われ、捜査。
重苦しい展開、DVの描写もリアル。人骨の正体が終盤に何度も、捜査陣の予想を覆す。

面白い。心を掴まれるような重さだが、一気読み。
次作も期待。

このレビューは参考になりましたか?

緑衣の女

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年10月05日

初読
アイスランドミステリ。

北欧ミステリはDV、女性への憎しみ・暴力を描いたものが多いなぁ
その背景も含め気になる
私自身は「こんな事が出来るなんて信じられない」側では決してない。
一歩間違ったらそう、加害者側に立ってしまう事もあると思う
だからこその何故?が知りたいのだと思う

湿地より先にこ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

緑衣の女

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年06月12日

「湿地」に続くエーデンデュレシリーズ第2段。この作品も前作同様の暗さ重さを背景にした独特の作品となっている。

DVに苦しむ女性の物語(過去)を縦軸に、人骨発見事件(現在)を横軸に、物語は編み込まれていくのだが、その2つの軸が織りなすタペストリーは謎解きではなく、現代社会の世相を切りこむ様相を呈する...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

緑衣の女

Posted by ブクログ 2017年03月04日

住宅街で人骨が発見された。
長い時間土中にあったと思われ、
身元を示す手掛かりは皆無。
ここでいつ、何が起きたのか
雲を掴むような捜査が始まる。


エーレンデュル警部シリーズの2作目。
遺体が発見され、被害者がどんな人物
だったのか、何が起こったのかを
メインに進むのは前作とよく似ていた。
更に、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?