宇宙戦艦ティラミス 1巻

宇宙戦艦ティラミス 1巻

作者名 :
通常価格 583円 (530円+税)
紙の本 [参考] 638円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

宇宙暦0156年、地球連邦政府と宇宙移民との抗争は激化していた。戦局を打開する為、地球連邦は新鋭宇宙軍用艦「ティラミス」を出航させる――。ティラミスの若きエース、スバル・イチノセは、眉目秀麗、成績優秀な天才パイロット。……だが彼の真の姿は、ティラミス艦内の集団生活に馴染めず、いつも専用機・汎用人型機動兵器デュランダルのコックピットにひきこもってばかりいる奴で……。孤独のコックピットギャグ、出撃!!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
@バンチ
電子版発売日
2016年05月09日
紙の本の発売
2016年05月
サイズ(目安)
75MB
  • アニメ化

    「宇宙戦艦ティラミスⅡ(ツヴァイ)」

    2018年10月1日~ TOKYO MXほか
    声の出演:石川界人、櫻井孝宏、諏訪部順一

新刊オート購入

宇宙戦艦ティラミス 1巻 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年07月23日

    本気で馬鹿で突き抜けてる。スペースコメディとして楽しい。頭空っぽにして呼んで笑える。ガンダム以降のSFロボアニメのあるあるお約束ネタを沢山盛り込んでかつうまい具合に外してくの好き。「お兄ちゃんはもっとヤバい」の煽り文句が極めてツボ。アニメ化もしたが、ちゃんと原作のノリが生かされてるのでそっちもオスス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ほのぼのSF系

    たは 2018年04月22日

    意外に面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    好きな人はハマりそう。

    レオンハルト 2017年12月19日

    絵柄から見てシリアスな戦艦ものと思っていましたがギャグでした。精神的引きこもり気味の青年パイロットがコックピットで串カツを食べたり宇宙チワワを拾ったりのゆるギャグ?漫画。 面白いんですが爆発的にではない。シュールでちょっと病んでるっぽい描写が多いので、好きな人はハマるかも。絵はすごく綺麗で耽美...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    宇宙規模の引きこもり主人公

    ルクス 2017年12月19日

    宇宙戦艦ティラミスはそのタイトル通りSF漫画でありますが、それと同時にギャグ漫画でもあります。何といっても、主人公が引きこもりだという設定が最高です。ただの引きこもりではなく、腕は超一流のパイロット、しかし引きこもりなので基本的にロボットのコックピットからおりはしないのです。 常に描かれる場面...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    この画力とギャグ漫画のギャップ

    一ノ瀬 2017年12月19日

    表紙を見ると、本格的なロボットSFマンガを連想しますが、そのイメージは最初のわずか数ページで裏切られます。宇宙戦争モノ+ひきこもり系主人公という組み合わせが斬新な、つぶやき型ギャグマンガです。振り返って表紙を見ると、ギャグテイストを予感させるアイテムが散らばって描かれています。原作と作画が別々で、物...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    戦闘マンガ…?

    ゆん 2017年12月19日

    ティラミス、といタイトルからお菓子が出てくる話かと思いきやシュールなギャグ漫画です。(笑)

    一人であれこれやらかしてます。

    このシュールさがたまらなく面白くて笑えます。

    周りの乗組員(?)たちもおかしな人がいて面白いです。

    機械ものとギャグ漫画が好きな人にはお...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    ロボットに飽きたとは言わせない

    フラッシュ 2017年12月19日

    かつてのロボット系のマンガはもう読み飽きた。そんな人たちに新しいジャンルとしておすすめしたいのがこちらの「宇宙戦艦ティラミス」。シリアス目な表紙からは想像がつかない、ギャグのエッセンスもちょっと加わっているこの作品。作者の声ではないが、「ロボット系に飽きたなんて言わせない。」そんな言葉がしっくりきた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    びっくりするほど表紙絵詐欺

    カレー屋さん経営 2017年12月19日

    ふざけたタイトルが気になり読んでみると、シリアス風なキャラ絵と勢いのあるツッコミ不在のギャグが笑えるマンガです。多少ロボット物や宇宙物の知識がいるかなという場面もあり、結構えぐいネタもあるので、万人にはおすすめできないかもです。個人的には自宅で一人で笑い転げられるのでかなりおすすめです。

    このレビューは参考になりましたか?

    シリアス系のギャグ漫画

    オビ 2017年12月14日

    初まりは宇宙を舞台にした硬派なSF漫画と思いきや、やはりタイトルから推察される通りのギャグ漫画であり、日常的な地味な間違いを主人公がロボットのコックピットで葛藤しながら闘う?という漫画です。

    いうなればシリアス系なギャグ漫画であり、クスクス系の漫画であり、大笑いはしないかもなのですが主人公...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    研ぎ澄まされたギャグセンス

    ななしま 2017年12月14日

    飛び抜けた画力から生み出される洗練されたギャグ。面白いの一言に尽きます。タイトルだけ見ると、宇宙バトルものの漫画かと思えるのですが、似て非なるもの。ページを開くとシュールで繊細なギャグが満載です。登場キャラクターの真顔がそれを引き立てます。ネット掲載もされており読みやすいので是非おすすめです。

    このレビューは参考になりましたか?

宇宙戦艦ティラミス のシリーズ作品 1~10巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 10件
  • 宇宙戦艦ティラミス 1巻
    宇宙暦0156年、地球連邦政府と宇宙移民との抗争は激化していた。戦局を打開する為、地球連邦は新鋭宇宙軍用艦「ティラミス」を出航させる――。ティラミスの若きエース、スバル・イチノセは、眉目秀麗、成績優秀な天才パイロット。……だが彼の真の姿は、ティラミス艦内の集団生活に馴染めず、いつも専用機・汎用人型機動兵器デュランダルのコックピットにひきこもってばかりいる奴で……。孤独のコックピッ...
  • 宇宙戦艦ティラミス 2巻
    宇宙暦0157年、戦場で生き別れの兄・イスズと再会したスバル。兄は、スバルの所属する地球連邦の敵対組織「メトゥスの民」を上官として統率していた――。突然の再会に動揺するスバルだったが、クールで大人っぽい兄の雰囲気に惹かれて、敵地である独立宇宙要塞メトゥス=ゲルメンへ向かうことに。だが、徐々に明らかになってくるイスズの真の姿に嫌気がさしてきて……。孤独のコックピットギャグ、出撃!!
  • 宇宙戦艦ティラミス 3巻
    宇宙暦0157年、スバルとイスズ、アシストボットのパッカーは、地球に不時着する。大気圏に突入した時の衝撃で、スバル専用の最新汎用人型兵器・デュランダルは壊れてしまう。愛機を失ってしまったショックで、スバルにコックピット依存症の禁断症状があらわれる。心を落ちつけるために、彼が地球で一番最初に向かった場所は――!? そしてイチノセ兄弟は、地球で機動兵器を開発している父との再会を果たす...
  • 宇宙戦艦ティラミス 4巻
    兄・イスズを庇い、銃弾に倒れたスバル・イチノセは意識不明の状態が続く。一方、敵地・メトゥス=ゲルメンで生まれたスバルのコピー生命体・スバルBにも異変が…!! 覚醒して「スバル・ビヨンド」となった彼は、超巨大機動兵器ハーデス・デュランダルに搭乗して、スバルに襲いかかろうとする。だが「宇宙ゆとり」のビヨンドは、年上の大人がちょっと苦手で……。圧倒的画力と壮大なスケール感で描かれたロボ...
  • 宇宙戦艦ティラミス 5巻
    地球連邦政府最大の敵「メトゥスの民」を統べるエスカレド・キャデラック総帥。全宇宙の支配を目論む、恐ろしい野望を持った男の真の姿とは……!? “叡智”を巡り、スバルとイスズの運命を翻弄する宇宙戦争がついに勃発!?――地球の平和を守る戦士達の日常ギャグ、全宇宙待望の第5巻!!
  • 宇宙戦艦ティラミス 6巻
    宇宙暦0158年、イスズ・イチノセは、極秘裏に開発していた意志を持つコックピット「ラムダβ」を奪われ、メトゥス上層部からも追われる身となった。宿敵となったエスカレド・キャデラック総帥の恐ろしき野望を打ち砕くため、イスズは、戦艦ティラミスと一時休戦協定を結ぶことを画策。一行は、ティラミスが停泊中の人工惑星カリストへ向かう。だが、「死宇宙」の呪いによって、イスズ一行はフリー素材みたい...
  • 宇宙戦艦ティラミス 7巻
    宇宙暦0158年、老師タタ・デーウに連れられて、スバルは山深い場所にある彼の家を訪れる。ユニヴァース感覚の持ち主であるタタは、スバルの専用機・ネオデュランダルを自在に操ってみせる。その圧倒的な力を目の当たりにして、スバルは弟子入り志願するが……。一方、メトゥスではキャデラック総帥の恐ろしき野望が着々と進んでいて――。敵も味方も全員アホな宇宙戦争、過熱!!
  • 宇宙戦艦ティラミス 8巻
    地球連邦のエースパイロットとして未来を嘱望されていた、若き日のエスカレド・キャデラック。だが愛する女性の死をきっかけに心に「闇」を抱えた彼は、まずは形からダークサイドに堕ちることとなった……。一人の男の野望は、やがて全宇宙を巻き込む戦争へと発展する――。超絶画力で描かれる、敵も味方も全員アホな宇宙戦争激化!!
  • 宇宙戦艦ティラミス 9巻
    宇宙暦0158年、地球連邦とメトゥスの両陣営では、最終決戦に向けて緊張感が高まっていた――。宿敵・キャデラックの恐ろしき野望を打ち砕くため、戦艦ティラミスと共闘するイスズ部隊。隊長であるイスズは、自らの命を捧げる覚悟でこの戦いに臨もうとしていた。そんな彼が、戦いの直前まで悩まされていたのは、自身が「ユニヴァっていない」ことで……。敵も味方も全員アホな宇宙戦争、白熱の最終決戦へ――。
  • 宇宙戦艦ティラミス 10巻(完)
    宇宙暦0158年、前線では地球連邦軍とメトゥスの民との戦いが熾烈を極めていた――。その一方、連邦の上層部とキャデラック総帥の密議によって、和平協定が結ばれる。武装解除命令が下った戦艦ティラミスは、調印式が行なわれる中立国家・エウロパへ。そこでスバルは、一人の女性と邂逅する。出逢った瞬間に不思議な感覚を覚える彼女の正体は、亡き母・サチコの生体データを用いて造り上げられたコピー生命体...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

宇宙戦艦ティラミス に関連する特集・キャンペーン