ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編〈上〉

ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編〈上〉

作者名 :
通常価格 540円 (税込)
紙の本 [参考] 648円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

20XX年、突如として東京銀座に「異世界への門」が開かれた。その中から侵攻してきたのは「異世界」の軍勢や怪異達。陸上自衛隊はこれを撃退し、門の向こう側『特地』へと足を踏み入れる。およそ自衛官らしくないオタク自衛官、伊丹耀司二等陸尉(33)は、部下を率いて『特地』にある村落を偵察することに――そこには夢にまで見た美少女達の姿が!?

ジャンル
出版社
アルファポリス
掲載誌・レーベル
アルファライト文庫
ページ数
325ページ
電子版発売日
2016年01月08日
紙の本の発売
2013年01月
コンテンツ形式
EPUB

「ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く...」のユーザーレビュー

購入済み

良いと思います

ちい 2016年05月29日

なんか辛口のレビューが多いのはなぜだろう?
すごく面白いのに!!!
人それぞれ感じ方、受け止め方は違うので同じ評価にはならないだろうけど、私は好きです、こういう話。
主人公の伊丹はちょい悪おやじならぬ、ちょい悪オタクなんだけど、かっこいいよ。ヒーローっぽくないんだけど、結果的に助けてるし、いざ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年10月28日

よく行く本屋さんで、づ~っと平台で推しまくられていたので気にはなっていたのですが、なんか表紙絵がヲタっぽいし中年オヤヂが読んでよいものかブツブツ・・・・・、などと悩みつつ結局読んでみた次第です。

なんつうか、脱力系架空戦記というか、意外と悪くないぞぅ。

てか、けっこう面白いぞぅ。

ということで...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年10月25日

既に単行本で読んでいるのですが、重いので文庫が出るのを待っていました。

内容は冒険活劇ですが、国のありよう、外交、経済などがざっと分かるので中高生にお勧めです。
もちろん話も面白いです。接触編はその名の通り触りでしかなく、この後坂道を転がるように面白くなっていきます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月02日

柳井たくみのゲート1.接触編を読みました。
「自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」という副題がついています。

銀座に突然異世界との門(ゲート)が開いてしまいます。
ゲートの向こう側はロードオブザリングのようなファンタジーの世界です。
ゲートからはオーク、ゴブリン、そして中世の騎士たちがあふれ出てきます...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年10月14日

好みっぽい感じはあるけど、チートモノなのかそうで無いのかは、下巻を読まないとわからないな。というかですね、好みから言えば銀座事件〜特地派遣までだけで上巻かけて欲しかった。ダグラムやガサラキ並みの政治描写マシマシでw(それは売れないかw

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,482

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!