月の輝く夜に
  • 完結

月の輝く夜に

作者名 :
通常価格 511円 (465円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

十七歳の貴志子は親子ほどにも歳の違う恋人・有実から彼の娘・晃子を預かって欲しいと頼まれて!? 「なんて素敵にジャパネスク」のコンビが贈る、儚く美しい平安絵巻!

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
少女マンガ
出版社
白泉社
掲載誌・レーベル
別冊花とゆめ
ページ数
248ページ
電子版発売日
2015年12月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
44MB

月の輝く夜に のユーザーレビュー

    購入済み

    蜜蜂 2020年02月07日

    原作を読んだので、こちらも合わせて読みました。昔【なんて素敵にジャパネスク】シリーズにどハマりして氷室冴子さんの原作も山内直実さんの漫画版も何度も読んだので、どちらも読むのはもう条件反射かもしれません。この作品の漫画版は、台詞なども原作に忠実な感じでした。主人公・貴志子さんの容姿が十人並みなのも忠実...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月10日

    読んでよかったです。
    モノローグ調の、コミックにするには難しい作風だと思いますが、
    よく表現されてるなぁ~と関心しました。
    「物語」って感じのハッピーはお話はいくつも見てきたけど、
    これはタイプが違いますね。
    こういう思いを抱えて生きていく人達もいるんだっていう
    ほろ苦く、しんみりとした気持ちを味わ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月21日

    故・氷室冴子氏の文庫未収録だった『月の輝く夜に』が、『なんて素敵にジャパネスク』『ざ・ちぇんじ!』同様に山内直実によってコミック化されました。

    読んでしまうのがもったいなくて積読していたのだけど、そろそろ読むかと昨晩読んでしまいました。

    夏に読まなくて良かった。

    そういえば、氷室冴子って...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月13日

     故・氷室冴子氏の文庫未収録だった(9月に出たらしい)短編をコミックス化したもの。
     まるでミステリのごとく鮮やかな伏線の展開である。
     読んでいてわくわくして、読み終わった後に、すぐに読み返してにやにやした。

     久しぶりに読む楽しみを味わいました! 1冊で完結するのでオススメ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月03日

    うーむ、なんか全員不幸という感じで、物悲しい…。
    絵柄が可愛いので、暗さは半減してるけど、これは重い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月26日

    (No.12-77) 氷室冴子さんの原作を山内直美さんがコミック化したもの。

    小説を読んでネット検索したら、このコミックスの評判がとても良い。
    だったら読みたいと購入。

    原作をとても大切にしていて、大満足。
    原作どおりだったらあえて漫画化することないじゃない?なんて思ったあなた、ちょっと待って。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月09日

    花ゆめコミックスにしてはぶ厚くてビックリ。
    天然ぼよ~んのお姫様かと思えば、しっかり口撃もするし、激しい恋心も持ってて、何もなかったようにまた今の関係を続けていく強さ。意外性の姫だね。
    有実もぼよよ~んとした親父かと思えば出世と嫉妬をうまく隠す狸だったし。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月21日

    氷室冴子さん&山内直美さんなので「ジャパネスク」「ざ・ちぇんじ」みたいなのかと思ったら……
    こういう物語も書いていたんですね……

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月21日

    氷室冴子×山内直実の新作! って記事を見て、「え、氷室さんって亡くなったって思ってたけど、思い違いで生きてはるん? よかったー!」って一瞬喜んだんだけどなあ、、、亡くなってはったのはホントだったなあ。。。て思いながら、買いました。雑誌コバルトに掲載されただけで、文庫にはなってない作品だったとか。。。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月22日

    静かに進んで行くお話だった。ざ・ちぇんじ!とかなんて素敵に〜が元気な姫君のお話だったから、意外。でも、貴志子はおとなしい姫君と思いきや、言うこと言うし、好きな人がいながらも父親ほどの年齢の男を通わせるし。みんな思い通りにはならない。「生きていく」のに政治的な思惑に動かされてしまったり、想いを隠さなけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています