北里マドンナ

北里マドンナ

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

近頃、親友のなぎさがまぶしい。人に負けることを恐れずに何事にも立ち向かっていくなぎさを見ていると、北里はコンプレックスを感じてしまうのだ。多恵子という彼女がいるのを知りながら、一途になぎさを想い続ける槇修子の存在も気になるところ。なぎさに負けないいいオトコになりたい。そう願うハンサムボーイ・北里の奮闘ぶりは…。『なぎさボーイ』シリーズ、待望の続編!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
324ページ
電子版発売日
2012年08月31日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

    Posted by ブクログ 2010年01月30日

    あくまでも素直で単純明快ななぎさちゃんの横にいる存在。北里は十分以上に魅力的なのに、屈折したなぎさコンプレックスを持っていたり、実は多恵子が初恋だったり。今読んでも面白いです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ウウッ・・・これを読んだのは高校生の頃。今の私はもう厄年も過ぎてしまったけれど、いつまでも10代の頃のやるせなさや甘酸っぱさをリアルに描いてます。男・女区別ないのよね、こういうのって。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月19日

    なぎさくんシリーズ。
    思春期の少年少女の成長、と言葉にすればそれだけなんだけど…。
    決して美しいだけでない成長を描く。だからこそ輝かしい。

    中でも北里マドンナは、イラストの力もあるのか夏の暑さ、汗っぽさが伝わってくる。けだるい感じというか。それがまた内容とマッチしていて素晴らしい。文体の妙。それで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年06月12日

    ひとむかし前のコバルトの王道。ライトノベルでなく少女小説。
    そのころの少年少女を正しくきまじめに描写したもの。
    心の動き、ドラマチックなストーリー展開がすばらしく、氷室先生らしい作品。
    この作品は氷室作品のなかでもそう多くない、男の子主人公もので、女の子に振り回され戸惑いながらも成長していくというも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています