書き下ろし日本SFコレクション NOVA+ 屍者たちの帝国

書き下ろし日本SFコレクション NOVA+ 屍者たちの帝国

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

『屍者の帝国』映画化記念、完全新作アンソロジー。北原尚彦、坂永雄一、高野史緒、津原泰水、仁木稔、藤井太洋、宮部みゆき、山田正紀の各氏による全8編。円城塔インタビューも特別収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(国内)
出版社
河出書房新社
掲載誌・レーベル
河出文庫
シリーズ
NOVAシリーズ
電子版発売日
2015年10月30日
紙の本の発売
2015年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

関連タグ:

書き下ろし日本SFコレクション NOVA+ 屍者たちの帝国 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年03月02日

     没後6年を経て伊藤計劃の名声はいや増しに高まっている。生きていれば駄作を書くかも知れないのに、もう絶対に駄作を書くことのない彼は不滅だ。
     でも読者はもっと彼の作品を読みたい。『屍者の帝国』。プロローグだけが書かれた第4長編。1878年、ヴィクター・フランケンシュタインの先駆的研究から100年、屍...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月27日

    お勧めはイスラム神秘主義に絡ませた話の「神の御名は黙して唱えよ」とワトソン・フライデーたちも活躍する「屍者狩り大佐」

    伊藤氏ためのアンソロジーなのですが、内容も充実していて楽しかった(#^^#)

    もし伊藤氏が存命していたら(言っても詮無いことなんですが)、どんなテーマで作品を書いただろうか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月08日

    夭折した伊藤計劃が始め円城塔が完成させた小説「屍者の帝国」。
    これをネタにしたアンソロジー。
    元作の影響とか空気感がいい感じで残っており、読み直したくなってきた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月02日

    一つの世界観を、さまざまな作者がかくと、こういう風に変わるのか、という点がまず、興味深い本でした。
    表現とかは多少、直接的な部分があるので、好き嫌いがあるかもしれませんが、伊藤計かくの雰囲気が好きな僕にはちょうどよい感じでした。
    おおむね面白かったですが、多少あわない作品もありました。それはまあ、い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月12日

    伊藤計劃の「屍者の帝国」は完結しなくても、受け継がれる世界観は生き続ける。従卒トムは思いもつかない展開、いきなり楽しめました。屍者、ゾンビはこれから、ますます存在感を増していくのでしょう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月24日

    屍者の帝国の世界観を元にした短編集。シェアードワールドというらしい。二次創作みたいなもの?
    なかなか良質な小編が多かったなぁ。宮部さんの語りはやはりうまい。山月記やくまのぷーさん、アルジャーノンに花束をなど他作品のネタを混ぜ混むのが流行りなのかお手前なのか?とりあえず好き勝手ぶちこんどけーみたいなノ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月05日

    「屍者の帝国」の世界観を共有したアンソロジー(シェアードワールドというらしい)。津原泰水、たぶん初読でちょっと苦手。坂永雄一、元ネタへの知識がないせいか入り辛い。この2篇がちょっとオイラには合わなくて、後は割と好きな部類。
    藤井太洋、戊辰戦争と南北戦争をムリヤリつないでる感はあるけど、そこ含め単純に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月17日

    円城搭のインタビューが興味深かったなぁ。宮部みゆきの意外なアプローチが面白かったし、従卒トムが好きな感じ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月19日

    映画の公開に合わせて出版されたアンソロジー。伊藤計劃さんが書いたエピローグに円城氏が長編作品として仕上げた「屍者の帝国」。この作品をもとにしたシェアード・ワールドものである。屍者が登場するのはすべての作品で共通しているが、役割や生者との関わりが異なる。この作品集を読んで、改めて「屍者の帝国」を読みた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月20日

    【収録作品】藤井太洋「従卒トム」南北戦争の屍兵遣い、幕末日本へ/高野史緒「小ねずみと童貞と復活した女」『白痴』リローデッド/仁木稔「神の御名は黙して唱えよ」屍者とイスラム神秘主義/北原尚彦「屍者狩り大佐」ジョン・ワトソン未公開事件/津原泰水「エリス、聞えるか?」森鷗外、屍者と出会う/山田正紀「石に漱...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

書き下ろし日本SFコレクション NOVA+ 屍者たちの帝国 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています