路傍

路傍

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【第11回大藪春彦賞受賞作】俺、28歳。金もなけりゃ、女もいない。定職にも就いてない。同い年の喜彦とつるんでは行きつけのバーで酒を呑み、泥酔したサラリーマンから財布を奪ったりしてはソープランドへ直行する日々。輝いて見えるものなど何もなかった。人生はタクシーに乗っているようなもので、全然進まなくても金だけはかかってしまう。そんな俺たちに今日も金の臭いがするトラブルが転がり込む。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2015年10月02日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2017年03月25日

    東山彰良の路傍を読みました。

    俺28歳、同い年の喜彦とつるんで定職にも就かず泥酔したサラリーマンから財布を抜き取っては酒を飲んでソープランドに行く日々。
    そんな二人のチンピラが遭遇するトラブルが連作短編で語られていきます。

    二人が遭遇するのは法律に触れるようなトラブルばかりですが、二人がきわどい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月10日

    大好きな、東山ワールド!

    なんなんだろう?
    上品でもない、けどすごくやりすぎな下品感もない。
    解説で「落ちこぼれのはずの主人公が文学的素養がありすぎる、
    作家が作品の表に現れすぎたのでは」などと書いてあったが、
    あたしには気にならなかった。

    工業高校卒業のマコトが、IWGPでクラシックのうんちく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月15日

    久々に読んだ、東山彰良。
    斜めに世の中を見たシニカルなハードボイルド。
    酒もやる、薬もやる、暴力も振るう、どーしよーもない主人公たちだけれども、人生の虚しさや、やるせなさをストレートについてきます。
    この人の描く破天荒な登場人物達が大好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月28日

    東山彰良さんのお話は
    どうのこうのと理屈こねるより
    まず読んで好きか嫌いか。
    ワタクシ的にはそれでOKだと思うデス。
    四の五の言わずに読め、と(笑。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月16日

    ハードボイルドは、良さがあまりわかりません。だったらなぜ読むんだという事ですが、暑い日にスッキリさせてくれないかと思い読んでみました。暴力的な描写からくるスピード感で押し切られます。けれど、なぜか悲惨な暴力シーンもするりと読めてしまいます。静と動のような感じで、最後の静寂感が良かった。少しスッキリ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月11日

    ノワール系の小説

    行き場のない日常が淡々とコミカルな残酷さで描かれていく。

    トラブルをトラブルと捉えない明るさが救われる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています