江戸川乱歩・少年探偵シリーズ(26) 黄金の怪獣 (ポプラ文庫クラシック)
  • 最新刊

江戸川乱歩・少年探偵シリーズ(26) 黄金の怪獣 (ポプラ文庫クラシック)

作者名 :
通常価格 594円 (540円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

少年探偵団員からスリの疑いをかけられた玉村銀一君。 身に覚えのないその悪事は、実は自分にそっくりの偽者が働いていた。 銀一君のまわりで、次々に本物と入れかわる偽者たち。 宝石店に、美術店に、そしてついに小林少年が・・・! すべてはニコラ博士の恐るべき陰謀だった!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
ポプラ社
シリーズ
江戸川乱歩シリーズ
ページ数
248ページ
電子版発売日
2015年07月24日
紙の本の発売
2015年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
11MB

江戸川乱歩・少年探偵シリーズ(26) 黄金の怪獣 (ポプラ文庫クラシック) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年10月22日

    割とぞっとする設定。家族がいつの間に入れ替わってたら。。。

    現実にはここまでありえないだろうけど、今読んでも楽しめた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月19日

    シリーズ最後は、超人ニコラ博士に扮した怪人二十面相との対決。

    小林少年のニセモノまで登場して、シリーズ全体の中では、結構なピンチ状態にまでなっていた。小林少年は鉄格子の牢獄に閉じ込められるが、何の身体検査もされなかったところが不思議というか、読者サービスなんでしょうね。

    「そうじゃ。わしが生まれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月24日

    少年探偵シリーズはいつか読みたいと思っていまして。

    子供向けなので楽に読めました。

    人間を改造(整形手術)してある人間とそっくりの人間を作り上げ、本人と入れ代わり、悪事を働かせる、といった内容。
    途中、これは本人か偽者かどっちだ?と読んでいる人にまで混乱をきたすトリックが面白かったです。

    『少...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月24日

    やったよ、全26巻読破! 今回はそっくり人間による入れ替わりが行われるスリリングな展開。これ、シリーズの中ではかなり上手く明智を追い詰めた類の話のような気がする。
    まぁ、なんでニコラ博士というものがあるのに、黄金のトラの格好をしたのかは謎な部分もありますが、二十面相万歳ということで。

    さて、次は創...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

江戸川乱歩・少年探偵シリーズ のシリーズ作品 1~26巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~26件目 / 26件

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています