ふしぎの国のバード 8巻
  • NEW
  • 最新刊

ふしぎの国のバード 8巻

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

秋田で手厚い歓迎を受けるバード一行は、ある女性の結婚式に出席することになる。
日本古来、東北地方伝統の方法で行われる式とは、一体どんなものなのか。
そして、日本人の考える、家族とは? 家とは?

英国人冒険家と往く日本!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
HARTA COMIX
電子版発売日
2021年04月15日
紙の本の発売
2021年04月
サイズ(目安)
122MB

新刊オート購入

書店員のおすすめ

イギリス女性探検家イザベラの大紀行! ~明治日本見聞録~
 「明治に」「イギリス人女性が」「蝦夷を目指す」……創作かと思ったらなんと実話を元にした作品!旅は発見や出会いが醍醐味とは言え100年以上前の日本を外国人女性が探検となればカルチャーショックも山盛りです。
様々な作品で舞台になることの多い明治時代ですが、本作の面白いのは都会から離れた奥地の日本が描かれている所。今の日本人でも初めて知る当時の社会風俗が描かれていて、読みながらその時代に思いを馳せてしまいます。
単に「感動した」「綺麗」と賛辞を並べるだけでなく、当時の不衛生な所や文化の違いなども変に美化せず描写されているのが良いですね。旅路は好奇心旺盛な女性探検家イザベラと不愛想な通訳の伊藤が歩みますが、衝突したり分かり合ったり支え合ったりで実に良いコンビです(イザベラの反応もいちいち面白い)
イザベラ著の原作「日本紀行」も是非オススメ、本作と読み比べると楽しさが更に倍増です!

ふしぎの国のバード 8巻 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

ふしぎの国のバード のシリーズ作品 1~8巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~8件目 / 8件
  • ふしぎの国のバード 1巻
    ディスカバー・ジャパン――これは、古き良き日本文化を取り戻すための物語。 時は明治初頭。東京から蝦夷まで、地図なき道を旅したイギリス人がいた。その名はイザベラ・バード、冒険家。彼女の目的はただひとつ、滅びゆく日本古来の生活を記録に残すこと。通訳の伊藤鶴吉をひとり連れ、日本人すらも踏み入ったことのない奥地への旅が、今はじまる!漫画誌ハルタの実力派新人・佐々大河。初のコミックスは、...
  • ふしぎの国のバード 2巻
    横浜から蝦夷へ──日本古来の生活を記録するために、北へ北へと旅するイザベラ・バード。日光を抜けた先に待ち構えていたのは、日本人すら正しい地図を持たない悪路・会津道。険しい道の途中で、彼女が出会ったのは、今まで誰も記録した事のなかった、食文化、生活習慣、土着信仰だった。実在の英国人冒険家、イザベラ・バードと往く日本旅行譚。大好評、第2弾!!
  • ふしぎの国のバード 3巻
    水の都、新潟。そこで伊藤が受け取ったのは、元雇い主・マリーズからの手紙だった…。あらゆる知識に通じ、流暢な英語を操る彼の、秘められた過去。そしてバードと旅する目的とは!? 大人気・日本発見紀行、第3巻!
  • ふしぎの国のバード 4巻
    近代都市、山形を満喫するバードと伊藤。 しかし、伊藤のもとに、元雇い主・マリーズからの手紙が届く。 遥かなる蝦夷を目指す、ふたりの旅はどうなってしまうのか?  大人気・日本発見紀行、第4弾!
  • ふしぎの国のバード 5巻
    消えゆく文明を記し続けた旅人、イザベラ・バード。 山形から秋田へ向かう道のりの過酷さから、 脊椎の古傷が悪化し、激しい痛みが襲いはじめる。 旅の中断を申し出るガイド・伊藤に、バードは自身の過去を語り始める――。 彼女は何故、命の危険を冒してまで、旅を続け、市井の人々の暮らしに寄り添い続けたのか? 大人気、日本発見紀行。金髪の冒険家の生き様に迫る、第5巻。
  • ふしぎの国のバード 6巻
    北海道を目指し、陸路で旅を進める英国人冒険家のイザベラ・バード。 ついに東北地方へ踏み入った一行は、 日本古来の紙梳きや、火消し、葬式を体験することになるのだった! 激動の東北編スタート! 外国人冒険家と往く、日本。第6巻!
  • ふしぎの国のバード 7巻
    近代化された都市・秋田で背骨の治療を受けるバード。 過酷な日本の気候に、体調は悪化していくばかりだが、果たして治療方法はあるだろうか!? 一方、東京では、伊藤の元雇い主・マリーズと英国大使・パークスが バードの旅を巡って、静かな戦いを繰り広げていた。 英国にとって、未開の地"日本"とは一体どんな国だったのか? それぞれの信念と、思惑が絡むドラマチックな第7巻。
  • ふしぎの国のバード 8巻
    続巻入荷
    秋田で手厚い歓迎を受けるバード一行は、ある女性の結婚式に出席することになる。 日本古来、東北地方伝統の方法で行われる式とは、一体どんなものなのか。 そして、日本人の考える、家族とは? 家とは? 英国人冒険家と往く日本!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

ふしぎの国のバード に関連する特集・キャンペーン