ビッグデータの罠

ビッグデータの罠

作者名 :
通常価格 968円 (880円+税)
紙の本 [参考] 1,210円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ビッグデータはいいこと尽くめじゃない。電話番号、スケジュール、写真、ドキュメントなど、クラウドに委ねることが当たり前となった時代、膨大なデータを誰がどう管理・活用しているか知っているだろうか? 無料、便利さと引き換えに少しずつ浸食される個人の情報。プライバシーを脅かす「新たな監視社会」に対する警鐘の書。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮選書
電子版発売日
2015年05月22日
紙の本の発売
2014年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

    Posted by ブクログ 2015年01月01日

    ビッグデータ関連の本は、これまでにも何冊か手にしたことがあるのですが、今一つ面白くない印象がありました。
    が、この本はいい本でした。
    ようやく、ビッグデータに対する見方、ビッグデータの利用法が落ち着いてきたため、このような本の出版が可能なレベルになっただけかもしれませんが。

    この本では、ビッ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月15日

    個人情報の漏洩に敏感になってきたが、本書で紹介があった数々の事例を見ると、知らないうちに情報が流出している事実に驚かされる.選挙の予測などこれまでの常識が通用しない時代になっていくのが少し怖い感じだ.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月08日

    ビッグデータ世界を生きるためには、クラウドなどの仕組みやプライバシーの考え方を理解しておくことが重要ですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月27日

    以前に読んだ『数式を使わないデータマイニング入門』が面白かったので、それなりにビッグデータについては知ってはいるものの手にとってみた。

    やや古い本なのだが、ビッグデータの取り扱いについての基本的な箇所が押さえられているようで、個人のデータを提供することのリスクとメリットがイコールであることがよくわ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月10日

    身の回りのスマートフォンやパソコンは、もはや単なるモノではない。これらは、自身の個人情報をアウトソーシングしている、ある種の分身である。この本を読んで、この当たり前のことを再認識させられた。さらに、今後ウェアラブル端末が普及すれば、IoT(Internet of Things)の時代から、IoH(I...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています