殿さま狸

殿さま狸

作者名 :
通常価格 1,336円 (1,215円+税)
紙の本 [参考] 1,485円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

国か、御家か、息子の命か、それらを全て失うのか? 絶体絶命の天下分け目の戦いで東西両軍をあっと化かした、蜂須賀家二代目による「関ケ原一の奇策」とは? 阿波踊りをはじめた男は、大名にして商売人、なによりも川並衆だった! 徳島藩祖の痛快な半生!

ジャンル
出版社
学研
ページ数
344ページ
電子版発売日
2015年04月01日
紙の本の発売
2015年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

殿さま狸 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年04月07日

    阿波国藩主、蜂須賀家政の半生を描く。

    父親の蜂須賀小六の名前くらいは知っていたのだけれど、嫡男の家政のことについてはほとんど知識のないまま読んだ。表では不敵な態度をとりながら、正室の比奈の前でだけ本来の臆病な姿を晒し出す家政に好感を覚える。意外や経済感覚に優れ、稲作に適していない阿波の土地で藍や塩...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月08日

    この時代っぽくない単語が多くて少々興を削がれるものの、あちこちの言い回しに妙に色気を感じるので相殺して★4つ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています