木島日記 上
  • 完結

木島日記 上

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

【電子版巻末特典:紙版未掲載イラスト収録】昭和初期の東京。民俗学者にして歌人の折口信夫は古書店「八坂堂」に迷い込む。奇怪な仮面で顔を覆った店主・木島平八郎は信じられないような自らの素性を語り始めた…。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川コミックス・エース
電子版発売日
2016年11月04日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
96MB

木島日記 上 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年01月02日

    原作はあの大塚英志。作画はジョーカーゲームシリーズの表紙の森美夏さん。小説版では気持ちの悪い片思いだった木島と月との関係がファンタジックな恋愛モノとして描かれている。根津のキャラも小説版と比べると子供っぽく、独身設定だった土玉に目の不自由な奥さんがいる。それにしてもなぜ表紙が木島と美蘭なんでしょうね...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月19日

    「あってはならない昭和史」。今度の狂言回しはなんと折口信夫。石原莞爾やら、スパイMやら昭和の大物が色々出て来て、とにかくすごいことになってる漫画。「フーファイター」の話が一番好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月11日

    昭和初期の雰囲気や、
    軍事国家特有のオカルト。
    民俗学が好きならハマる漫画。

    絵の雰囲気も独特で面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月22日

    作画がとても特徴的な森美香さんですが、私敵にはすきです。
    ぐちゃぐちゃ描いてる様に見えるけれど、線は綺麗で迷いなくてああ、これがこの人の描きかたか、みたいな。
    原作とイメージの違うところももちろんあったけれど、木島の仮面の穴から覗く目がかっこよかった。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    絵が個性的

    カズミ 2020年03月17日

    民俗学が好きなのでネットで調べ、漫画の方がサクサク読めるかなとこちらを購入しました。
    森美夏さんという方がコミカライズされていますが、私には絵の癖がちょっと強すぎて、苦手というよりは見づらかったので、続きは小説を読んだ方が良いのかな?と思いました(試し読みの時点で判断するべきでした。反省です)
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日


    研究者としての大塚英志ではなく、ストーリーメーカーの大塚英志が知りたくなり買ってしまった。森美夏の絵がどうしても田島昭宇の亜流に見えてしまう…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    新装版だ…と…!?
    聴いてねえよバーローwww

    解りきったことですが、描き下ろしとかはないよね^^
    だが購入っと^^

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    これを思想書に分類することには抵抗があるが・・
    人魚にロンギヌスの槍、八百比丘尼に偽天皇ときたら
    あらゆる「正統」に真正面からけんかを売っているちょっとアウトローな思想書といえる。

    民俗学者の折口信夫を狂言回しとして物語は進んでいく。
    さすが折口先生、いろんな不可解な物を引き寄せる魔力をお持ちです...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年01月22日

    角川書店から出たものは既読。何となく読み直し。
    以前適当に読み流してたのって位記憶に残ってなかった。
    昭和初期のアングラで雑多な雰囲気とか、仕分け屋という怪しげな職業とか、仮面男とか、民俗学とか似非歴史が好きな人にはたまらんでしょう。なんだそりゃ。

    このレビューは参考になりましたか?

木島日記 のシリーズ作品 全3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 木島日記 上
    完結
    770円(税込)
    【電子版巻末特典:紙版未掲載イラスト収録】昭和初期の東京。民俗学者にして歌人の折口信夫は古書店「八坂堂」に迷い込む。奇怪な仮面で顔を覆った店主・木島平八郎は信じられないような自らの素性を語り始めた…。
  • 木島日記 中
    完結
    770円(税込)
    【電子版巻末特典:紙版未掲載イラスト収録】開戦前夜の日本。歌人でもある民族学者・折口信夫は、「この世にあってはならぬ物の仕分人」を名乗る木島平八郎と出会い、彼が綴る信じられない怪事件や現象に遭遇していく…!
  • 木島日記 下
    完結
    770円(税込)
    【電子版巻末特典:紙版未掲載イラスト収録】ドイツから持ち込まれたUFOの設計図を「仕分け」する! 昭和初期の世相を記録した『木島日記』から、闇に葬るべき、あってはならない物語が平成の世に浮かび上がる…超民俗学伝奇小説の傑作コミック!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています