科学を語るとはどういうことか 科学者、哲学者にモノ申す

科学を語るとはどういうことか 科学者、哲学者にモノ申す

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「こんな的外れでナンセンスな議論をしているなんて、開いた口がふさがらない…」一人の物理屋の感じた哲学ヘの猛烈な憤りから、妥協なき応酬が始まった―科学ではない者が自然科学について語る「科学哲学」に関して、科学者・須藤靖が不満・疑念を率直に問いただし、哲学者・伊勢田哲治が真摯かつ精緻に応じていく。科学と哲学はどこですれ違うのか?科学哲学は何のために存在するのか?

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 理工
出版社
河出書房新社
掲載誌・レーベル
河出ブックス
電子版発売日
2015年03月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

科学を語るとはどういうことか 科学者、哲学者にモノ申す のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年07月19日

    副題に「科学者、哲学者にモノ申す」とあるように、実際は宇宙物理学者が「科学哲学は科学の役に立っていない」と疑問を呈し、科学哲学者がそれに答える本。
    非常に面白い一冊で発見が多かった。
    須藤靖、伊勢田哲治両氏ともにそれぞれの分野ではそれなりの実力のある方だと見受けられますが、罵り合いにならないことをま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月23日

    これは面白かった。下半期ベストに入るかも。科学哲学者と科学者(物理学者)が対談をするのだが、哲学者が物理学の研究を不毛と思うことはなくとも、物理学者は科学哲学の議論をざっときくと腹が立つようだ。プロの研究者でかつ科学哲学の入門書をいくつも見ているような人でも議論をある程度精密に理解してもらうのにこれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月11日

    科学哲学の価値に大きな疑いをいだく宇宙物理学者の須藤靖さんと,気鋭の科学哲学者の伊勢田哲治さんの科学哲学をめぐるかなり本気な対談.ずっと緊迫した会話が続き,読んでいてとても疲れた.だがとても勉強になった.

    頭脳明晰な二人が,あいまいな妥協なく,とことんまで話し,お互いを理解しようと懸命に努力をする...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月29日

    科学哲学という業界に「アホがアホを再生産しているのではあるまいか」と疑念を持つ物理学者と,それを迎え撃つ気鋭の科学哲学者との対談。物理学者の須藤氏の半ば先入観に基づく(しかし科学者が科学哲学に対して抱く印象としては極めてまっとうな)疑問に対し,科学哲学の伊勢田氏が丁寧に答えていくというスタイル。対談...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月22日

    哲学者の伊勢田氏が辛抱強く、物理科学者に科学哲学とは何かを説明する内容。スリリングではあるが、哲学がどういう問題領域を設定しているのかについて須藤氏がなかなか理解しない様子(特に3章、4章あたり)は少しいらっとくる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月15日

    いただきました。ありがとうございます。これはおもしろい。



    これ読んでも科学哲学がどういうものかってのは一般読者にはよくわからんわけだけど、攻撃的な学者たちがどう議論していくか、ってのでは勉強になる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月18日

    ここで須藤さんが語る科学の方法論はリサ・ランドールが『宇宙の扉をノックする』で語っているものとほぼ同じものである。
    学生時代に廣松渉の『科学の危機と認識論』を読み、村上陽一郎の講義を聞き影響を受けてクーン、ハンソン、ポパー、ファイアアーベントを愛読してきた自分が、それでもやっぱり須藤さんの言っている...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月02日

    科学者ではないものが語る「科学哲学」について、科学者と哲学者の議論、というか哲学者の説明、というか。議論が循環して申し訳ございませんが、という言葉が本文中にも出てくるように、およそ噛み合わない話が続く。それがこの本の狙いなのだろうけれど、なかなかに疲れる。僕は科学哲学のような考えに割と惹かれた頃があ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月04日

    科学者と科学哲学者の対談形式の本.
    私はソーカルの本を読んだ程度の関心と知識しか持っていない人間です.

    科学や科学哲学,どちらかの考え方についてある程度親しみがある人向けの本な気がします.
    科学や科学哲学の”考え方”について二人が話していますが,やや須藤さんが意固地になっている気がします.
    このく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています