七十歳死亡法案、可決
  • 値引き

七十歳死亡法案、可決

作者名 :
値引き価格 420円 (382円+税) 8月18日まで
通常価格 700円 (税込)
紙の本 [参考] 737円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

高齢者が国民の三割を超え、破綻寸前の日本政府は「七十歳死亡法案」を強行採決。施行まであと二年、宝田東洋子は喜びを噛み締めていた。我儘放題の義母の介護に追われた十五年間。能天気な夫、引きこもりの息子、無関心な娘と家族はみな勝手ばかり。「やっとお義母さんが死んでくれる……」東洋子の心に黒いさざ波が立ち始めて……。すぐそこに迫る日本の危機を生々しく描いた衝撃作!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2015年03月13日
紙の本の発売
2015年02月
サイズ(目安)
2MB

七十歳死亡法案、可決 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年12月28日

    登場人物の人物像が、客観的に見るとひどい人だが、自分や自分の家族に当てはまっていて、恐ろしかった。他人事ではなかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月09日

    70歳で安楽死させようという法律が可決された。
    生命の期限が間近にきている本人、介護の出口が見えてきた家族、色々な視点から描かれていて、簡単な言葉で言えば、面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月12日

    あなたは何歳まで生きると思いますか?

    いや、そんなこといきなり聞かれても困りますよね。この国では今や女性が87.45歳、男性が81.41歳と平均寿命が大きく伸びました。人生80年と言われていたのが、いつのまにか100年です。100歳を超えた方をめでたい、めでたいとお祝いしていた状況もそれが8万人を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年08月07日

    70歳になったら国民は全て死んでもらいます。などという法律ができた。…なんて斬新な話しでしょう!

    色んな立場で高齢社会を考えさせられる。
    私ならどんな意見になるかしら?自問自答を繰り返しながら読んだ。

    垣谷さんのお話は今まで読んだのは皆んな嫁姑家族問題のものばかり。
    つまりは身近なことばかり。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年06月18日

    タイトルどおりのの社会派フィクション。
    現実的にはそんなな法案が通るはずがないが、本書はもし人生が有限としっかり自覚した時に人が考える事をリアルに示してくれています。介護の大変さ、就職難、介護職員の闇、財政破綻、会社人間な夫の家庭に対する無関心。この本の中で社会問題をこの家族に無理なく凝縮させている...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年06月16日

    先が気になって一気読み。

    特に前半は
    同じ事柄でも、立場によって全く違う受け止め方を
    老人介護、
    ヘルパーの労働問題、
    若者の年金問題などとからめて、これでもか、と語る。
    それは、とてもリアルで
    自分も直面しそうで、不安にさえなってくる。

    後半

    70歳死亡法案、可決

    をどう取り扱うのか、と
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月22日

    垣谷美雨さんの作品は、心に刺さりすぎて気持ちが重くなることもあるけど、話としてとてもおもしろいのでどんどん読み進みたくなるという不思議な感覚。
    読み物としておもしろく、社会問題にもアンテナが向くようないい作品だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月31日

    ついつい先が気になってしまい読み進めてしまった〜!
    私個人的には70まで生きたら十分だと思うけど、今の世の中70で死んだら「まだ若いのに」って言われるよね(笑)
    私の母は68でなくなった。私の去年病気が見つかって、後どのくらい生きれるのかも分からないけど、元々長生きしようとも思っていなかったからそん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月25日

    これは面白い発想でどう終わるのか楽しみでした。

    衝撃的なテーマだったけどラストは丸く収まると言う展開に少々ビックリ。
    でもいい終わり方でしたね。

    今正に日本が直面している問題。
    超高齢化。
    老老介護。
    介護士の薄給。


    これらの問題が七十歳死亡法案の一つで解決する。
    この法律が実際あったらどう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月04日

    政府が「七十歳死亡法案」を強行採決した。
    施行まで二年。
    義母の介護を十年以上も続けている主婦の宝田東洋子は、法案が可決され介護生活に期限が設けられたことで、何とかくじけそうな心を支えている。

    垣谷さんの作品に登場する男性は、どうしようもない人が多い。
    この作品の夫も息子も、読んでいて嫌な気持ちに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

幻冬舎文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング