新しい道徳

新しい道徳

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

情報化し、多様化した現代社会には、道徳を感情的に押しつけることは不可能だ。バラバラに生きる個人を支えるために必要な「理性的な道徳観」を大胆に提案する!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくまプリマー新書
電子版発売日
2015年03月13日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

新しい道徳 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年07月18日

    サラリーマンから学校の校長先生になっちゃった藤原さんの本。
    今の子供達に直に触れ、新たな道徳感が必要であると切に感じて著作に至ったのでしょう。
    途中かなり偏った考え方は出てきますが、その想いの強さ、それを実現するための己自身の行動には敬意を表したいと思います。

    教育、いじめ、ケータイとテレビ・・・...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月08日

    民間初の公立中学校校長として、登用当時話題になっていたのは記憶に新しい。

    教育現場の考察やアイデアは流石に秀逸ですが、これが他の学校でも採用する事は可能なのか、疑問は残る。

    しかし、いじめにはステージがあり、対応はそれぞれ違う事、「いじめはなくならない」という前提で対応策を練る事、メディアの影響...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月16日

    テレビ、携帯、ブランドが日本人を支配する「神」である、という説。

    小さな差異を攻撃し、自分はグループの内部に安住するいじめ。

    情報処理力と情報編集力、クレジット。

    藤原和博先生の教育系の本は、だいたい同じような主張が繰り返し出てくる。
    どれも大切だと思うけど、もう3冊目だからそろそろ良いかな…...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月15日

    民間人校長の藤原さん。
    教育という視点だけでなく、親として、大人として、人間として、考えさせられます。こういう問いかけは大事にしたい、そう思えてきました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月15日

    和田中関連の本ではありません。
    なるほど!と思える内容もたくさんあるのですが,
    たった2年で,ちょっと風化しつつある話題もちらほら。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月17日

    新しい道徳というタイトルで、主な内容はいじめと教養の2つのポイントが抑えられている。
    「ゆとり教育」は悪という風潮があったが、この本を読んで考えを改めた。知識を詰め込むことも必要だが、社会にでれば、答えや正解がないことがほとんど。その中で、自分がどういう考えを持ち、どういう判断をするかの能力が今の学...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月02日

    「新しい道徳」というタイトルに期待したのですが、著者の他の本をたくさん読んでいることもあり、知っていることばかりで残念。
    「著者の言いたいことはずっと同じ」ということかしら。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    現代人に必要なのは正解ではなく納得解 自分の頭で世の中を生きていけるようにならんとやばい。
    私はちなみに情報処理力の申し子みたいなもので
    情報編集力が全くありません
    中学でこんな授業をしてたら 変わっていたのかな

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年06月05日

    [ 内容 ]
    情報化し、多様化した現代社会では、道徳を感情的に押しつけることは不可能だ。
    バラバラに生きる個人を支えるために必要な「理性的な道徳観」を大胆に提案する。

    [ 目次 ]
    第1章 新宗教「ケータイ・テレビ・ブランド」教から自由になる(ケータイ依存症;テレビ盲信症;ブランド神経症)
    第2章...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています