夏の災厄

夏の災厄

作者名 :
通常価格 924円 (840円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

どこにでもあるような町にミクロの災いは舞い降りた。熱にうなされ痙攣を起こしながら倒れていく人々。後手にまわる行政の対応。現代生活のもろさを20年も前に予言していた、警鐘を鳴らす書!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2015年03月03日
紙の本の発売
2015年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

夏の災厄 のユーザーレビュー

    購入済み

    リアルすぎて鳥肌がたった

    みか 2020年05月17日

    まるで現在の状況を予言したかのような小説、と聞いて読んでみましたが、あまりにも現実とリンクしていて驚きました。だいぶ前に書かれたお話なのに古さはあまり感じられず、一気読みでした。少し専門用語が難しいところもありましたが、今こそ読むべき一冊だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月10日

    感染が広がる様子、人々の反応、それらの生々しい記述に背筋が凍った。いま自分は医療の進歩の恩恵を受けて安全地帯にいると思っていたが、今日の平穏が明日も続くとは誰も保証できないのだと気付かされた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月13日

    一度は制圧したはずの日本脳炎がなぜか近年になって復活し、法と制度の狭間で奮闘する保健センター職員面々のホラーサスペンス・ヒューマンドラマ。
    2009年に新型インフルエンザが流行し大騒動になったが、それを予見するかのように執筆されていたのが驚きだ。
    はるか昔に制圧したはずの病気が今になって流行した場合...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月05日

    局地的に流行する謎の病とそこでそれぞれの役割を全うするきっとどこにでもいるだろう人たち。
    スーパーヒーローみたいな人は一人もいないのが逆にいい。
    この時期に読むからこそ、病に対する人々のパニックやそれによってうまれる弊害がものすごす身近にリアルに感じられた

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月25日

    ひさびさの篠田さんの小説読んだ。
    予防接種に関する様々な考えを取り込んだお話で、緻密な描写、だんだん広がってしまう不幸、面白かった。
    ありえないけど、ありえそうというところが篠田さんの文章ですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月31日

    看護師である房代が勤めるの夜間診療所に、

    光をまぶしく感じ、花のにおいを感じ、熱に浮かされ、

    痙攣を起こしながら倒れる。。。という患者がやってきた。

    その時は、日本脳炎と診断されたのだが、

    徐々に、同じ症状の患者が増え、死者も増え始める。



    撲滅されたはずの伝染病が、なぜ今頃蔓延するの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月12日

    埼玉郊外で新種の日本脳炎から起きたパンデミック小説。

    パニックものというより原因究明の方が比重が高い。
    解明しようと奮闘する医師が、アメリカの生物兵器の持ち出しという推測がでてきたときにはかなり冷めたが、そこで着地しなくてよかった。
    長かったけれど楽しんで読めた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月23日

    8月-13。3.0点。
    埼玉県のある市で、日本脳炎に似た症状が。
    爆発的に増え、診療所や役所では問題に。
    感染、死亡が増えるが、対策は分からず。

    危機感がじわじわ伝わるが、スピード感はあまり無いかな。
    ラスト近くの100頁は、展開早し。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月14日

    いわゆるドラマティックな大仕掛けがあるわけでなく、
    わりと静かに淡々とハザードが進行していく。
    これが妙にリアルで怖い。
    ほんとに蚊に刺されると一瞬ドキッと
    したりしなかったり。

    なんか盛り上がんないな~
    と思ってた前半が嘘のよう。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています