【感想・ネタバレ】夏の災厄のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
ネタバレ

Posted by ブクログ 2021年02月12日

パンデミックという語より、バイオ・ハザードという表現が、リアルに感じる世代です。
90年代に書かれた点よりも、驚いたのが、政府等の体制側、現場の対応が、現在の新型コロナ禍と殆ど変わっていないこと。SNSで情報が拡散する社会になっても、有益な対策は見い出せず、打ち出せず、医療現場は逼迫し、感染は拡大す...続きを読むるばかり。
25年後の2021年現在、この状況で五輪開催をしようとしているなんて、小説と現実が逆転しているように感じる。
篠田節子氏のスリリングでリアルな構成と筆致が、物語を加速させ、一気に読ませる快作。ラストはタイムワープした現在なのでは……。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

リアルすぎて鳥肌がたった

みか 2020年05月17日

まるで現在の状況を予言したかのような小説、と聞いて読んでみましたが、あまりにも現実とリンクしていて驚きました。だいぶ前に書かれたお話なのに古さはあまり感じられず、一気読みでした。少し専門用語が難しいところもありましたが、今こそ読むべき一冊だと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月10日

感染が広がる様子、人々の反応、それらの生々しい記述に背筋が凍った。いま自分は医療の進歩の恩恵を受けて安全地帯にいると思っていたが、今日の平穏が明日も続くとは誰も保証できないのだと気付かされた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月13日

一度は制圧したはずの日本脳炎がなぜか近年になって復活し、法と制度の狭間で奮闘する保健センター職員面々のホラーサスペンス・ヒューマンドラマ。
2009年に新型インフルエンザが流行し大騒動になったが、それを予見するかのように執筆されていたのが驚きだ。
はるか昔に制圧したはずの病気が今になって流行した場合...続きを読む、「業務経験のある者がいない」という不安。非常に共感する。
保健センターの若手職員・小西はどこにでもいる小役人という感じで別に仕事に燃えているわけでもないのだが、パンデミックを迎える時には使命感を持って業務にあたっていた。
ワクチン認可までは大変な道のりだ。役所が法や前例に縛られて、突発の事態になった時に身動きが取れない組織だというのは非常によく分かる。そして、このような予測できない非常事態になった時に、真っ先に住民を守らなければならない組織であるというのも。

激務の中ひそかに予防接種事務を進める永井係長、マスコミを利用してワクチン認可の打開策を見出す鵜川医師、肝っ玉のある堂元看護師、クールな東城保健師、どこにでもいそうな登場人物にリアリティがある。

人体実験が行われたインドネシアのブンギ島の描写もとても読みやすかった。話がしっかりしているので文章を読んでいるだけでイメージがしやすかった。ウイルスを媒介するオカモノアラガイとコジュケイの描写がとても不気味だった。
後半の部分は、続きが気になって寝るのも忘れ一気に読み進めてしまった。ラストシーンはホラー小説にありがちな感じではあったけれど、その終わり方で良かったと思う。
中身の濃い、とてもいい本に出会ったと思う。篠田さんの他の本も読んでみたいと思っている。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2021年10月07日

不審な病に見舞われる郊外の町。
夜間救急の医師や看護師、役所の職員を中心として、現場の人々の奮闘と歯痒さがよく描かれていた。
パンデミックの裏で、身を粉にして働く人々がどんな思いでいるか。
遅々とした縦の関係も含め、未知のウイルスを前に辿る経緯がほぼ現実と同じだった。頭の痛くなるほどの既視感。199...続きを読む5年の小説というから驚きである。取材力を感じる一冊だった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年08月26日

埼玉の住宅街で突然起こった日本脳炎大流行。
対策はワクチンしかないと踏んだ市井の人たちが自分の持ち場で働きまくるお仕事小説。
篠田節子自身が市役所出身の人だけあって、市役所時代に舐め尽くした辛酸の全てをぶちこんだような描写の数々がよかった。公務員とてたいへんに大変である。

20年前に読んだときは「...続きを読む日本版バイオハザード怖〜」くらいの印象だったけどバイオハザードの恐ろしさの描写はあるものの本質はそこではなくて、未知の病原体に対して対策すべきは第一にワクチンという明確な主張があって、その確保と接種に行き着くまでに為さねばならない膨大な仕事の物語だった。

25年前の小説でありながらワクチン接種の重要性を主張したり、パンデミックを経験して変化する人の心であったり街の様子であったり(数ヶ月もすればなんとなく外に出てしまう人たち、ストレスによる非行の増加、自殺者の増加)
内容は全く古くない、まさに今読んで面白い小説だと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年04月25日

日本脳炎が本作のテーマだが折しもコロナ禍で25年前の作品とは思えぬほどのシアルさで鳥肌がたった。文庫600頁ほどのボリュームで一週間かかって読み終えたがまだコロナが終息していない現代で願望も込めた祈りのような気持ちがこみ上げてきた。パンデミックが丁寧に作り込まれた作品の素晴らしさは巻末の海堂尊さんの...続きを読む解説が物語ってくれている。本当に同感。篠田節子さんの様々な作品に翻弄される読者というのも悪くない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年02月17日

篠田節子先生の『夏の厄災』を読もうとしたのは大方の予想通り、米澤穂信氏の『氷菓シリーズ』で折木奉太郎くんが読書中だったのを見たのがきっかけだったのだが、篠田節子作品を読むつもりだったのは前世紀の頃だった。以下次回。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年02月16日

現在コロナウイルスが世に蔓延しているが、
小説の世界ではパンデミックはそう珍しいことじゃないのだ。
あっちでもこっちでも起きている。

『夏の災厄』の中では今現在ではほとんど見られなくなった日本脳炎が広がる。
小説の中でも医療従事者たちは初期の頃から警鐘を鳴らし、役所はどうにか打つ手はないかと走り回...続きを読むっている。
国はのギリギリまでらりくらり。

25年前に書かれた本だが、あれ、何だか今と対応が何も変わっていない気がするぞ。
感染対策とはそもそもこう言うモノなのか。
それとも大元が全く成長していないのか。
果たしてどっち。

オカモノアラガイが気持ち悪すぎる!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年09月23日

じわじわと忍び寄ってくる不穏な緊張感がたまらなかった。

面白い本を書く作家さんに出会うと単純にテンションが上がる。それがミステリー作家じゃなくても。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月05日

局地的に流行する謎の病とそこでそれぞれの役割を全うするきっとどこにでもいるだろう人たち。
スーパーヒーローみたいな人は一人もいないのが逆にいい。
この時期に読むからこそ、病に対する人々のパニックやそれによってうまれる弊害がものすごす身近にリアルに感じられた

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月25日

ひさびさの篠田さんの小説読んだ。
予防接種に関する様々な考えを取り込んだお話で、緻密な描写、だんだん広がってしまう不幸、面白かった。
ありえないけど、ありえそうというところが篠田さんの文章ですね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月31日

看護師である房代が勤めるの夜間診療所に、

光をまぶしく感じ、花のにおいを感じ、熱に浮かされ、

痙攣を起こしながら倒れる。。。という患者がやってきた。

その時は、日本脳炎と診断されたのだが、

徐々に、同じ症状の患者が増え、死者も増え始める。



撲滅されたはずの伝染病が、なぜ今頃蔓延するの...続きを読むか?

疑問を持った房代たちは調査を始め、恐ろしい事実に突き当たる。


一体、原因は何なのか、なかなか解決しない物語に、

もどかしさを感じつつも、夢中させてくれる物語でした。



蚊により、伝染していくというのが、なんだか、現実にありそうで、

この本を読んでいる数日間は、蚊に神経をとがらせてしまいました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月12日

埼玉郊外で新種の日本脳炎から起きたパンデミック小説。

パニックものというより原因究明の方が比重が高い。
解明しようと奮闘する医師が、アメリカの生物兵器の持ち出しという推測がでてきたときにはかなり冷めたが、そこで着地しなくてよかった。
長かったけれど楽しんで読めた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年07月17日

なぜ舞台となった昭川市で新型日本脳炎が蔓延したのか? なぜそれがインドネシアのブンギ島と繋がるのか?
謎は解けた。でも話が淡々と進み過ぎ?
物語としては、クライマックスを感じることなく終わってしまった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年08月21日

新型日本脳炎ウィルスによるパンデミックを描いた25年前の作品です。今現在の新型コロナのパンデミックを短期間に凝縮して描いた様な予言書的な話で、随分昔のフィクションでありながら、今現在の状況と、この先の経過を描いている様で複雑な気持ちになりました。
やはり人類を滅ぼすのは目に見えないウィルスなのでしょ...続きを読むうか?!
コロナ終息を祈るしかないです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年06月19日

ある地方都市で日本脳炎と思われる感染者が発生した。
その原因となったものは何なのか?

今年のコロナ渦で話題になったのと、前から読もうと思っていたが、電子版しか入手困難だったのが文庫版が再販されたので、購入。

期待していた程、ショッキングな内容ではなかった。
それにしても、一部地域での自殺者の増加...続きを読むについては、ウイルスとの因果関係が全く書かれていないため、違和感が残るのが残念。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年06月08日

★★★
今月2冊目。
これはまさにいまんとこコロナと戦っているが、この本は98年に書かれた物で現代と似ている。
ネタバレだが、ウイルスを研究していた病院から悪徳産廃業者に注射器などが渡り、山の中に産廃から貝にウイルスが取り込まれ、貝を鳥が食べ、鳥の血液を蚊が吸う、その蚊が人間に刺し日本脳炎が発祥。ち...続きを読むょーこええっす、長いけどよくできてました

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月23日

8月-13。3.0点。
埼玉県のある市で、日本脳炎に似た症状が。
爆発的に増え、診療所や役所では問題に。
感染、死亡が増えるが、対策は分からず。

危機感がじわじわ伝わるが、スピード感はあまり無いかな。
ラスト近くの100頁は、展開早し。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月14日

いわゆるドラマティックな大仕掛けがあるわけでなく、
わりと静かに淡々とハザードが進行していく。
これが妙にリアルで怖い。
ほんとに蚊に刺されると一瞬ドキッと
したりしなかったり。

なんか盛り上がんないな~
と思ってた前半が嘘のよう。

このレビューは参考になりましたか?

「小説」ランキング