負けんとき(下)―ヴォーリズ満喜子の種まく日々―
  • 最新刊

負けんとき(下)―ヴォーリズ満喜子の種まく日々―

作者名 :
通常価格 781円 (710円+税)
紙の本 [参考] 825円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

キリスト教伝道のため来日し、近江兄弟社を設立したW・メレル・ヴォーリズは、関西学院、軽井沢ユニオン教会などを手掛けた建築家としても知られる。留学から帰国した満喜子はメレルと出会い、周囲の猛反対を押し切って、結婚する。近江八幡に居を構え、幼児教育に邁進する彼女と日本に帰化した夫の前に、様々な困難が待ち受けていた――。二人の愛に満ちた生涯を描く感動の長編。※新潮文庫に掲載の写真は、電子版には収録しておりません。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2015年01月30日
紙の本の発売
2014年07月
サイズ(目安)
1MB

負けんとき(下)―ヴォーリズ満喜子の種まく日々― のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年01月09日

    単なる有名な米国人建築家と、華族のお嬢様の国際結婚のお話と思うなかれ。長年日本に暮らし、日本や日本人の精神を熟知したアメリカ人として、終戦後、マッカーサー副官のバーレット少佐に、「天皇陛下は国民の象徴である」と進言したのが、メレル・ヴォーリズその人である。その後、日本は天皇陛下を現人神ではなく象徴と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月30日

    おマキさまは本当にこれで幸せだったんだ…というのが率直な感想。私は佑之進の胸の内がせつなくて、佑之進への気持ちを超えるメレルへのおマキさまの思いがつかみかねた。絹代さえ気づいていた思いに、当の本人が気づかないはずはないのでは…?それを押し殺してもなお余りある幸せをメレルは与えたというのか?国籍を奪わ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月09日

    毎日少しずつ、でも確実に読みすすめてやっと終わりました。
    ヴォーリスさん、そんなにも有名な建築家だったんですね。自分の無知が恥ずかしい。
    信念を持って最後まで教育に捧げたおマキさまの生き方は素晴らしい。
    大切なことを、大切にし続けることは、想像以上に難しいはず。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年10月11日

    再読。上巻で迷いに迷っていた満喜子がついに動き出す。それは様々なものとの戦いの連続。上巻では自分自身の内部と戦う苦しさで胸をつかまれたが、下巻では周囲との戦いで、苦しさも感じられるが同時に、感謝や憧れがこみ上げてくる。裾野の教育というゆるぎない途を前の世代から受け継ぎ、次の世代へ渡していく。その先に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

負けんとき―ヴォーリズ満喜子の種まく日々― のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 負けんとき(上)―ヴォーリズ満喜子の種まく日々―
    明治半ば、播州(兵庫県南部)小野藩最後の藩主の娘として生まれた一柳(ひとつやなぎ)満喜子。封建的な家で育った満喜子だが、平民の通う女学校に進んで、アメリカ人教師から英語やキリスト教の精神を教えられ、神戸女学院では音楽を学ぶ。乳兄弟の佑之進との恋は実らず、傷心の彼女はアメリカに留学することに……。運命に翻弄されながらも、自らの人生を切り開いていった女の姿を描く感動の大作。※新潮文庫に掲載の写真は、電子版には収録しておりません。
  • 負けんとき(下)―ヴォーリズ満喜子の種まく日々―
    キリスト教伝道のため来日し、近江兄弟社を設立したW・メレル・ヴォーリズは、関西学院、軽井沢ユニオン教会などを手掛けた建築家としても知られる。留学から帰国した満喜子はメレルと出会い、周囲の猛反対を押し切って、結婚する。近江八幡に居を構え、幼児教育に邁進する彼女と日本に帰化した夫の前に、様々な困難が待ち受けていた――。二人の愛に満ちた生涯を描く感動の長編。※新潮文庫に掲載の写真は、電子版には収録しておりません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング