切り裂きジャックの告白 刑事犬養隼人

切り裂きジャックの告白 刑事犬養隼人

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

東京都内の公園で臓器をすべてくり抜かれた若い女性の死体が発見された。やがてテレビ局に“ジャック”と名乗る犯人から声明文が送りつけられる。その直後、今度は川越で会社帰りのOLが同じ手口で殺害された。被害者2人に接点は見当たらない。怨恨か、無差別殺人か。捜査一課のエース犬養刑事が捜査を進めると、被害者の共通点としてある人物の名前が浮上した――。ジャックと警察の息もつかせぬ熾烈な攻防がはじまる!

※本書は二〇一三年四月に小社より刊行された単行本『切り裂きジャックの告白』を改題し、文庫化したものが底本です。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
シリーズ
刑事犬養隼人シリーズ
電子版発売日
2015年01月06日
紙の本の発売
2014年12月
サイズ(目安)
1MB

切り裂きジャックの告白 刑事犬養隼人 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2022年03月01日

    犬養刑事と古手川刑事のやり取りがよかった。二人とも、今後のますますの活躍を期待!
    死体がエグかった点は個人的にはあんまりだけど、題材が臓器移植なので仕方ないか。
    最後の最後にどんでん返しが仕掛けてあるのは、さすが。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月26日

    ドクター・デスの遺産がおもしろかったので、ちょっと全部読んでみようかしら?と。
    ドクター・デス〜の犬養さんはがんばってるおとうさんな感じがあったけど、このころはまだ"わりとどうしようもないおとうさん"っぽくて、これはこれでいいな。
    まさか犯人があのひとだったなんて…! なんて。で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月06日

    いやぁ〜、音楽シリーズでハマって他のもって思ったら
    なんともすごいのに当たってしまいました・・・
    医療サスペンスもそれなりに読んできましたけど、
    こんなに最後の最後でえぇぇぇぇぇ〜って思ったのはありませんでしたよ
    ほんと最後ラストの1ページで大どんでん返し
    でも、清々しいほどの達成感・・・まさに奇跡...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    やっぱり中山七里

    にゃい 2021年05月03日

    本当に面白かった。
    容疑者も二転三転して、結果この人かぁ〜って人が犯人でした。
    中山七里作品ならではの残虐な描写は想像すらだけでゾッとするけど、そのおかげで読みごたえする作品になっていました。
    この作品には古手川和也も出てきてます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月17日

    犬養隼人シリーズ。これが1冊目か。
    また順番間違ってしまっている私(^-^;

    順番関係なく、超絶面白い!!

    中山七里先生の物語は、別作品であっても、何となく繋がっていて、登場人物が交差する。
    それが何とも言えぬ幸福感(笑)
    あ、ここでも彼が登場ね!っていう(*^-^*)


    この前読んだ犬養のシ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月28日

    猟奇殺人から臓器移植問題へと誘う展開が素晴らしい。

    人の死はどこからか、
    臓器移植の賛否、
    今までいかに自分が片方からしか見てこなかったのか気づく。
    現実的な問題を提議しつつ、きちんと小説的なキャラクターと結末を持ってくることで、面白さを感じさせてもらった。



    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月25日

    切り裂きジャックを名乗る犯人の犯罪と、臓器移植問題を絡ませた社会派ミステリー。
    脳死に全般的なコンセンサスが与えられていない日本。
    臓器移植の推進派と慎重派の論戦に8頁も費やした著者の、この問題に対する並々ならぬ意気込みを感じる。
    捜査一課のエース犬飼刑事が担当するが、バディを組むのは埼玉県古手川刑...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月09日

    空気感が伝わるような言葉、それぞれの個性と合わせた掛け合いやメディアなどによる事件の環境などに臨場感があ。重苦しく少しずつ真相に近づいていく話の展開が面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月16日

    臓器移植の闇。
    脳死をテーマに物語は進行する。終盤にきて、物語は二転三転し、終結。
    面白かった!このシリーズを一気読みしたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月12日

    安定の中山七里。
    こちらも社会問題を元とした作品。

    宗教的に見れば臓器提供は悪?
    まだ利用できるものを生きれる人に使って何が悪い?
    物語のなかでの論争と併せて自分自身も考えさせられる。

    臓器提供をした息子の臓器に会いに行く母親には
    グッとくるものがあった。

    最後の最後に切り裂きジャックが判明し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

切り裂きジャックの告白 刑事犬養隼人 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング

切り裂きジャックの告白 刑事犬養隼人 に関連する特集・キャンペーン