藏 (下)
  • 最新刊

藏 (下)

作者名 :
通常価格 682円 (620円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

美しい全盲のひとり娘烈。巡礼の途中で病死する母賀穂。相つぐ不幸を打ち消すがごとく若い嫁をもらう父意造。烈を育て上げ一途に意造を慕う叔母佐穂。蔵元田乃内家をおそう数々の悲運にもめげず、気丈に成長した烈はやがて恋を知り、女ながら蔵元を継ごうと決意する――。家族のそれぞれの愛の成就をうたい上げた感動の終章。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年12月18日
サイズ(目安)
1MB

藏 (下) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    さくら 2021年01月03日

    読み始めて、ぐいぐいど文章の中に引きずり込まれて、上、下とも一気に読みました
    人物描写が 分かりやすく 久しぶりに読み終わったあとも感動が続いています

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月15日

    ハイティーンになった烈が精神的成長をとげ、不幸がてんこ盛りだったのが一転、大団円超ハッピーエンドですっきりしますが、ちょっとラストがトップスピードで走り抜けた感がありまして、もうちょっとたっぷりゆっくり読みたかったような気もちがした。佐穂が北の対に住めなかった紫の上と重ねて読み進んでしまった。源氏と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月22日

    内容(「BOOK」データベースより)
    美しい全盲のひとり娘烈。巡礼の途中で病死する母賀穂。相つぐ不幸を打ち消すがごとく若い嫁をもらう父意造。烈を育て上げ一途に意造を慕う叔母佐穂。蔵元田乃内家をおそう数々の悲運にもめげず、気丈に成長した烈はやがて恋を知り、女ながら蔵元を継ごうと決意する―。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月08日

    映画から入った作品。
    宮尾氏の作品は映画から入るのが多い。多分戦前の日本のイメージが私に乏しいからだと思う。
    女が不遇であるのはわかるのだけど、慎重で賢いと思わせる意造が思いの外身勝手であった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    美しい全盲のひとり娘烈。巡礼の途中で病死する母賀穂。相つぐ不幸を打ち消すがごとく若い嫁をもらう父意造。烈を育て上げ一途に意造を慕う叔母佐穂。蔵元田乃内家をおそう数々の悲運にもめげず、気丈に成長した烈はやがて恋を知り、女ながら蔵元を継ごうと決意する―。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    跡継ぎになるだろうと思っていた父が倒れ弟が死に,気力をなくした父を元気付けて酒蔵を再開する烈.目が見えないというハンデがありながら,その中でできる事を常に考え前向きで強い.恋にしても一筋,こうと決めたら動かない.涼太さんがいい人でよかったな・・・.ラストもよかった.おばさまが少し報われた気がします....続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月06日

    新潟の日本酒の蔵元に生まれた盲目の女性の成長と家族の話。

    新潟旅行に行くために読んだ本。子供が全盲になるのを必死に防ごうとする親、盲目ながら家の存続を真剣に考え、女性が禁忌である酒蔵を継ごうとする娘。。明治・大正・昭和と旧家の家長と妻・子供・叔母・後妻などが古いしきたりの中で ”家” や ”子供”...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月03日

    大正から昭和にかけて、新潟の大地主で蔵元を営む田乃内家で9人目でやっと無事に育った烈。
    父意造、母賀穂、叔母佐穂、祖母のむらに見守られ成長するが、烈には失明という過酷な運命が待ち受けていた。
    あまりにも多くの死や悲しみを乗り越えて、酒蔵を再生させる烈とその家族の物語。


    この手の本では珍しく、この...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    (匿名) 2019年12月13日

     上巻と同様、救いのない状況が次々と田の内家にふりかかってくる。
     丈一郎は生まれて、健やかに育つが、事故がもとで亡くなってしまう。
     希望は烈であり、蔵を引き継ぐ、と意造に決心を話すところから、事態は好転しだす。そして、最後は烈が蔵の男衆の涼太と結婚を決めるところで話は終わる。その後の話として...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

藏 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 藏 (上)
    682円(税込)
    新潟の旧家、蔵元の田乃内家に生まれようやく育った娘、烈。家族の愛と希望を一身にうけて成長していくが、小学校入学を前に、失明にいたる目の病を患っていることを知る。過酷な運命を背負う烈と祖母、父母、叔母たちが織りなす愛と悲しみの旅が始まった――。普遍的な愛と悲喜を綴った傑作長編。魂のロングセラー!
  • 藏 (下)
    682円(税込)
    美しい全盲のひとり娘烈。巡礼の途中で病死する母賀穂。相つぐ不幸を打ち消すがごとく若い嫁をもらう父意造。烈を育て上げ一途に意造を慕う叔母佐穂。蔵元田乃内家をおそう数々の悲運にもめげず、気丈に成長した烈はやがて恋を知り、女ながら蔵元を継ごうと決意する――。家族のそれぞれの愛の成就をうたい上げた感動の終章。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング