ツチヤの貧格

ツチヤの貧格

作者名 :
通常価格 519円 (472円+税)
紙の本 [参考] 523円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

この本を手に取っている人は幸運である。世界に目を向ければ、何十億人という人がこの本を手に取れないでいるのだ――。「お金に無関心な生き方」「総グルメ化最後の防波堤」「年をとると敏感になる」「わたしはどんな失敗をしたのか?」など、彫琢(ちょうたく)されたユーモアエッセイの数々。読めば品位と勇気が湧いてくる! 週刊文春長寿連載「ツチヤの口車」シリーズ第4弾。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
207ページ
電子版発売日
2014年12月19日
紙の本の発売
2011年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ツチヤの貧格 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年09月02日

    走り過ぎて行く日常の繰り返し。そんな中での些細な出来事に対し、著者のように考え方一つ変えるだけで笑える出来事に変える事ができるのだと気づく本です。
    人は厳しくなる時も必要ですが、同じ分だけ緩くなる時も必要だと。
    そんな時にはこの本を取り出して読みたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月20日

    読書録「ツチヤの貧格」4

    著者 土屋賢二
    出版 文藝春秋

    P134より引用
    “かなりの数の中高年の女が離婚したほうがいいかどうか迷って
    いる。この記事を読めば、離婚しないと早死すると考えて、離婚
    に踏み切る女も出るのではないかと思う。”

     哲学者である著者による、日々の生活に対する著者の思考を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月05日

    「間違って写真集を買ってしまったのだろうか」と危惧したが、中身はいつも通りだった。新キャラ(?)ツチヤ師がいい味。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月22日

    いや~、笑えますね。 所々、涙が出るくらい笑えました。
    エッセイの中に土屋先生の「哲学」が、形を変えて表現されています。
    「知的な笑い」を堪能できます。
    このシリーズをもっと読んでみたくなりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月20日

    土屋さんの本は数年前までははまっていたのだけど、どうもマンネリ化した感じがしてしばらく遠ざかってたんだよね。
    久しぶりに読むと、面白い!さすが僕が勝手に名づけた「日本三大面白随筆家」だけある。

    こういう類の本は、時折、暇つぶしに読むのが最適と実感しました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月10日

    A=Aである。
    AにBが含まれる。もしBが含まれないなら,AにはBではないものが含まれる。
    Aは保護の対象である。私はAである。だから私は保護の対象である。かりに私がAでないなら,保護の対象にならないことが保護の対象に値する為,やはり私は保護の対象である。

    これがツチヤエッセイのエッセンスである。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月30日

    いつもの軽妙なエッセイ集。何の役に立つわけでもないが、暇潰しには最適。

    この洒脱さを今一理解できていないと思われる齋藤孝の解説が痛い。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年06月28日

    一度は思ったことあるなとか、誰にでも思いつきそうなことなんだけど、自分には絶対書けないなあというエッセイ。
    頭が良い人のはずなのに、バカっぽいことを書いていて変なのと思いつつ、何となくためになってるような気がしないでもない、不思議な感じ。

    久々にロマンス以外の本だったので新鮮だった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています