地球どこでも不思議旅

地球どこでも不思議旅

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ある日ふと“真実のラーメン”を求めて中国シルクロードをさまよい、踵を返し一路、プロレス王国メキシコへ飛ぶ。“演歌のルーツ”は竜飛岬。“うどんの聖地”は四国の讃岐。“神サマの本場”は京都に出雲と日本列島水平直角右左の大移動。旅は男のおもしろかなしずむ。こだわりの豪華一点主義である。ややや! と驚きに満ちた初の世界過激見聞記。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
280ページ
電子版発売日
2014年12月05日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

地球どこでも不思議旅 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2014年03月04日

    『週間ポスト』連載の旅行記。
    大昔に読んだことがあって、メキシコ旅行の内容はわりと鮮明に覚えていた。
    プロレス(ルチャ・リブレ)ネタだけに、印象に残っていたのだろう。
    当時メキシコへ修行に来ていたのが、ジョージ高野、小林邦昭、斎藤弘幸(ヒロ斉藤)、高杉正彦らの面々だったそうで懐かしい名前に思わずムフ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月16日

    「日本代表の麺は果たしてなんになるのか」

    本場ものの真実を追求して高松にやって来た。



    『地球どこでも不思議旅』(椎名誠著 集英社文庫)



    「うどんとソーメンの真実追求コンバット・ツアー」を敢行するために

    P・タカハシ氏。野沢ひろし氏。ヤマコーこと山本皓一氏の参加者が集められた。

    この...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月11日

    (2015/06/13)

    椎名さんの初期の紀行文。1985年に出された作品で、自分の生まれる前。国鉄、なんて懐かしさのない言葉も出てくるわけであります。この当時、椎名さんの見た風景は今とは大きく違っていると思うと哀愁を感じる。やはり、自分の旅行好きは椎名さんの影響だと、改めて感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月16日

    椎名さんの語り口は面白い(特に酒の話が)。メキシコで人気のプロレスを観に行ったり,好きでもない京都に行ってあれこれリサーチしたり,うどんとソーメンのどちらが日本を代表する麺かを確認しに讃岐にいったり・・・椎名さんのように,好奇心と行動力を持ちたい。疲れたとき,風呂の中で読むと笑えてリラックスができる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月16日

    メキシコ、ルチャ・リブレ(プロレス)の旅や本場のうどんや演歌を求めて日本国内大移動の旅、そして中国・シルクロードの旅と、どれもこれもオモシロイ!巻末にはウスラ沢野こと沢野ひとしさんとホテルについて特別?対談。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月26日

    「どうもあまりよくは知らないのだけれどみんなからチヤホヤされてしゃくにさわるからとにかくイヤだね、というケース。」
    だから(執筆当時の)椎名誠は京都が嫌いらしい。

    はいこんな理由で嫌いなものが山とありますね、私も。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月17日

    椎名誠の愉快な紀行文が楽しめる。メキシコでプロレスに熱狂し、京都に不平不満をまき散らし、出雲へ恋愛祈願確認、津軽へド演歌探し、正統讃岐うどん旅に中国ラーメン探求隊とその情熱はとどまることを知らない(笑)ピリッと辛口の効いた独特の語り口が楽しい旅行記だ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月05日

    内容紹介
    観光ルートなどケットバセ!プロレスに憧れてメキシコへ飛び、ラーメンにひかれては中国を駆けめぐる。行く先々で大コーフン、カゲキな旅をイラストとともに綴る。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月26日

    シーナ節炸裂の一冊。コレが20年以上前のものとは思えませんね。エッセイとはそういうものなんでしょうね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    確か中1くらいに読んだ、椎名さん1冊目。
    表紙が当時のクラスメートの山神に似てた。
    彼とは野球部でバッテリーを組んでいました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング