航海者(下) 三浦按針の生涯
  • 最新刊

航海者(下) 三浦按針の生涯

作者名 :
通常価格 631円 (574円+税)
紙の本 [参考] 639円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

関ケ原の合戦に大きく貢献したウイリアム・アダムスは徳川家に召し抱えられた。相模国三浦郡に二百五十石の領地を与えられ、日本人の妻をめとり、三浦按針を名乗ることになる。家臣として家康を支える日々を送るなか、故郷イングランドへの思いは募るが……。三浦按針の数奇な生涯を見事に描き、白石文学の集大成として読み継がれる一冊。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
384ページ
電子版発売日
2014年12月05日
紙の本の発売
2005年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

航海者(下) 三浦按針の生涯 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年07月18日

    アダムスは日本人の船大工と協力して,日本で西洋風のガリオン船を建造し,そのことが評価され,家康から三浦半島の逸見というところに250石の領地を賜り,領主となった。このような地位は,これまで外国人に対しこの国では与えられたことがないような処遇である。それだけ家康がアダムスを評価したものだ。また,姓を領...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

航海者 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 航海者(上) 三浦按針の生涯
    オランダの東洋探検船団の一隻、リーフデ号に乗り込んだ英国人ウイリアム・アダムスは、1600年4月19日、豊後水道の臼杵に漂着した。足掛け3年の過酷な航海の果て、同船の乗組員110人は24人の生存者を数えるのみであった。航海長アダムスは天下統一をめざす家康に目をかけられ、艦載の大砲を関ケ原へと運ぶ――。海洋小説の第一人者である著者畢生の超大作!
  • 航海者(下) 三浦按針の生涯
    関ケ原の合戦に大きく貢献したウイリアム・アダムスは徳川家に召し抱えられた。相模国三浦郡に二百五十石の領地を与えられ、日本人の妻をめとり、三浦按針を名乗ることになる。家臣として家康を支える日々を送るなか、故郷イングランドへの思いは募るが……。三浦按針の数奇な生涯を見事に描き、白石文学の集大成として読み継がれる一冊。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています