死霊大名 くノ一秘録1

死霊大名 くノ一秘録1

作者名 :
通常価格 600円 (税込)
紙の本 [参考] 604円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

1万冊以上半額☆カドカワ祭 ゴールデン!

作品内容

伊賀国最強のくノ一・青蛾が育てた娘・蛍――。16歳の若きくノ一は千宗易(千利休)の意を受け、父とともに戦国最大の悪漢・松永久秀を探る。そこで目にしたのは「死と戯れる」秘技だった――。死霊が増殖する動乱の世で、蛍は父を助けるため悲壮な闘いに挑む。気宇壮大なスケールで描かれる「くノ一秘録」シリーズ、ついに始動!

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
279ページ
電子版発売日
2014年11月28日
紙の本の発売
2014年10月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年09月29日

戦国時代とゾンビを一緒にするって設定が売りっぽいけれど、どちらかというと主人公のくノ一に萌えるのが正しい楽しみじゃなかろうか?(^^;
思ったよりゾンビがそれらしく出てこないのがなぁ。
それより、ところどころ風太郎忍法帖の香りが漂う、主人公の使う技の方が楽しかったですね。
どこら辺の歴史イベントまで...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年10月14日

伊賀の若いくノ一さんを主人公にした戦国時代を舞台にしたお話。
シリーズものみたい。

今回は、そんな虫を愛づるくノ一「蛍」さんの初仕事。
16歳で堺の千宗易さんに雇われます。

で、南蛮人から不老不死の妙薬を買い取った松永久秀さんを探るんだけど、松永さんはその薬でゾンビ兵士を作り出し、織田信長さんに...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年05月07日

第一弾
天才的才能を秘めた伊賀のくノ一螢
まずは松永弾正と相まみえる、相手は死霊大名
不死の秘密と南蛮人、それにからむコペルニクス
まずは父が犠牲に

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年12月26日

死霊大名 くノ一

斬っても斬っても死なないゾンビのような兵と戦うくノ一の話し!

時代は織田信長。千利休の頃。
設定は面白いし、簡単であっという間に読める。
でも続きがあるらしくまだなんも解決していないのです。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「くノ一秘録」に関連する特集・キャンペーン