プリティが多すぎる

プリティが多すぎる

作者名 :
通常価格 641円 (583円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ブックライブ10周年記念】特別企画開催中!

作品内容

総合出版社で文芸部門を志望していたのに少女向けファッション誌に配属された南吉くんこと新見佳孝、26歳。女の子の憧れが詰まった誌面は勝手が異なり失敗の連続だが、先輩編集者にカメラマン、スタイリスト、十代の少女モデルたちのプロ精神に触れながら次第に新見は変わっていく――。舞台裏のドラマを描くお仕事成長物語!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2014年11月07日
紙の本の発売
2014年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB
  • ドラマ化

    「プリティが多すぎる」

    2018年10月18日~ 日テレ系
    出演:千葉雄大、佐津川愛美、堀内敬子

関連タグ:

プリティが多すぎる のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年09月30日

    やりたいことではない新しい部署で翻弄されながらも頑張る主人公がかっこいい。
    10代の子が一生のうちたった一瞬の時間にある夢に、真剣に向き合っているところも好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月02日

    『プチセブン』『セブンティーン』私も中学生のころは、これらの雑誌を読んで、イマドキの女子になるべく情報を収集したもん。当時は神田うのやほしのあきがモデルさんだったな...。時の流れを感じます。物語は出版社勤務の新見が、不本意な異動でローティーン誌に配属になることから始まる。プリティいっぱいの現場に面...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月11日

    文芸誌を夢みて出版社に入った主人公が、何の因果かローティーンファッション誌に配属されて悲喜交々、なストーリー。
    コメディタッチの表紙やタイトルから、もう飛び抜けてドタバタコメディかと思いきや、かなりがっつりお仕事小説。
    大崎さんの書店+ミステリーも好きだけど、ミステリーのないこういうお話も良かったな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月22日

    注意!挟み込みのしおりがハローキティです!
    出版社に入った若手編集者は配属変更でティーンズ向けの雑誌へ転向に、、逆境と折り合いをつけて徐々に成長するという型にハマった小説ですが、
    まさかのしおりトラップに通勤の電車内で引っかかりました。ハローキティはどちらかといえば好きなのですが、いきなり手元から転...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月04日

    軽く読むつもりで手に取った本ですが、中々良かったです。
    文芸志望だったのにファッション誌の編集に異動になってしまった社会人3年目な男性の話。
    これ、前職で最初に異動したタイミングで読みたかった!笑 こっそりファッション誌の裏側が知れるのも面白いです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月04日

    ローティーンの女の子向け月刊誌の編集部を舞台にしたお仕事小説。主人公同様に、私もこの編集部に放り込まれたら、戸惑うばかりで仕事にならないだろうなぁ。
    ティーンズモデルという存在に対してどこか否定的な印象もありましたが、彼女たちの置かれている立場、競争などが垣間見えるこの話を読んだ後では、少し肯定的に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月12日

     ティーン誌編集、もうティーンの頃の自分の感覚を忘れたから、やれと言われたらこの主人公のように企画もたてられなさそう。ニコラを読んでいる頃はニコモ大すきだったな〜。あのモデルちゃんたちはこんな世界にいたのね。。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月07日

    文芸雑誌志望の若手出版社社員が不本意ながら、ローティーンの女子向け雑誌の編集部に配属され、悪戦苦闘しながら成長するという物語。
    まったく畑違いで興味の湧かない部署に異動になることは勤め人なら誰しも起こりうることなので、自分ならどうするだろうと考えながら読んだ。「『適当にお願いします』は、禁句よ。南吉...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月19日

    本気でなりたいもの、やりたいことに出会った人の強靭さは尋常じゃないと改めて思う。
    せいぜい物語を消費するしか能のないわたしには尊敬するしかできないのだ。年齢じゃない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月10日

    原作はこんな感じか〜っておもうレベル
    面白くないわけではないけどあまり記憶に残っていない..
    ただまあ下調べはよくできている。南吉にはちょっともうちょい真面目に...とイライラした点がいくつか。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています