コラプティオ

コラプティオ

作者名 :
通常価格 865円 (787円+税)
紙の本 [参考] 979円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ブックライブ10周年記念】特別企画開催中!

作品内容

「やがて歴史が私の正しさを証明する」震災後の日本に現れたカリスマ総理・宮藤隼人は、“禁断の原発政策”に日本復興を託す。だが、その矢先、一人の日本人がアフリカで殺される。事件の背景に広がる政権の闇を追いかける新聞記者と、宮藤を支える若き側近は、暗闘の末、最後に何を見るのか……。『ハゲタカ』の真山仁が「原発と政治」を描く超弩級エンターテイメント!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
592ページ
電子版発売日
2014年10月30日
紙の本の発売
2014年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

コラプティオ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年04月05日

    震災による原発事故により低迷する日本経済。再び強い日本を取り戻す為、首相の宮藤は破産寸前の原発メーカーに公的資金を投入し政府主導での再建を進めようとする。その背景には、日本の技術力の象徴としての原発を中国、アメリカに販売すること。受注をめぐり必要となるアフリカでのウランの利権をめぐり腐敗に手を染めて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月10日

    3.11の後に現れたカリスマ総理。復興の槌音がまだまだこだまする僅か数年後、禁断の原発政策を日本復興の切り札として提示する。国民の反対を一蹴させたのは類稀なるスピーチ。反対派を抱き込み、虜にまでしていく演説。その裏には無私の若きスピーチライターが控える。その仮面を剥ぐべく巨大権力の驕りとカリスマに執...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月06日

    真山ワールド全開のストーリー展開は圧巻の一言。あっという間に読んでしまいました。ノンフィクションと言ってもいいほどの描写力。オススメ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月27日

    意欲作である。
    福島原発事故以後に 
    日本はどのような方向へ向かえばよいのか?
    原発を廃止するのか?
    それとも、安心安全の原発作りをするのか?
    日本は どうなのか?世界の動向は?
    原発をめぐって いくつかの懸念が存在している。

    宮藤隼人は、カリスマ的リーダーシップを発揮する。
    「政治とは、約束」
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月12日

     面白い、作者は、このような政治をからめた小説を書かすとNO1。
     しかし、現実の日本にはこの小説のような政治家は、残念ながらいない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月31日

    約570ページもある大作のため読み疲れもあるが、政治とは何か?正義とは何か?と色々と考えさせられる。日本のODAなど自身の勉強不足についても学んで行きたいと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月02日

    カリスマ総理と言われる総理大臣に仕える官邸秘書官が活躍する話。
    アフリカの国のウランを採掘する権利、原発事故、大手電機メーカーの国有化など、色々とリアルさを感じさせながらドキドキしながら楽しめました。
    一方で、新聞記者のタイヘンさも垣間見ることができ、秘書官ともどもたいへんな仕事だと感じました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月13日

    強力なリーダーシップが今の日本には必要だ。 ただし世襲議員は不要だ。苦労を経験した痛みのわかる政治家を選べない国民が下等な国家を築く。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月22日

    政治と原発。リアリティーありすぎです。最後は何か唐突な締めくくりですが、間違いなく面白いかった。ずいぶん前に「マグマ」で地熱の可能性を感じたけど一向に進展しない。福島の恐怖は忘れ去られようとしている日本に警鐘を。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月25日

    3.11を受けて、原発を新たに世界で売っていく政策をとる首相と、その政策秘書、新聞記者の話。
    企業(電機メーカー)の国有化に始まり、原発推進を進めていく内閣に対し、一人の日本人がアフリカで殺される。政治信念とは。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています