家族の歌 河野裕子の死を見つめて
  • ptバック

家族の歌 河野裕子の死を見つめて

作者名 :
通常価格 629円 (税込)
紙の本 [参考] 637円 (税込)
獲得ポイント

191pt

  • 30%ポイントバック

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

作品内容

「歌なら本音がいえるから」。乳がんの再発した妻・河野裕子の発案ではじめた夫・永田和宏と子どもたちとのリレーエッセー。我が家の糠床のこと。息子の子どもたちのこと、長く飼った老猫の失踪、娘の結婚。そして最後の言葉……。愛おしい毎日、思い出を短歌とともに綴りながら、家族はいつか必ず来るその日を見つめ続けた。 母の死をはさんで二年にわたって続けられた、歌人家族によるリレーエッセー。孫たち、娘の結婚、思い出……。そのすべてが胸をうつ。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
235ページ
電子版発売日
2014年09月12日
紙の本の発売
2014年08月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2015年03月16日

永田和宏氏が「波」に連載した文章をきっかけに、このご夫妻を知り、以来、歌の魅力に目覚め、新しい世界を見せていただきました。
その文章のなかで、家族の歌を連載したと記述があったので読みたいと探したのですが、当時見つけられずやっとであいました。
やっぱり裕子さん、和宏さんの歌が好き。。。
なぜあんなシン...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play