京都うた紀行 歌人夫婦、最後の旅

京都うた紀行 歌人夫婦、最後の旅

作者名 :
通常価格 722円 (657円+税)
紙の本 [参考] 726円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

死別を前に歌人夫婦が訪ねた歌枕の地

歌に魅せられ、その歌に詠まれた京都近郊の地をともに歩いて綴った歌人夫婦の記。河野氏の死の直前に行われた最後の対談を収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 詩集・俳句
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2016年02月19日
紙の本の発売
2016年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

京都うた紀行 歌人夫婦、最後の旅 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年07月04日

    永田和宏さんと河野裕子さんの歌人夫婦が京都の歌枕を訪ねる。歌枕といっても、寺社旧跡だけでなく北大路駅や果ては永田さんの家まで、心に残る歌の舞台を訪れるのだ。それぞれの場所と歌、そしてそれに寄せるご夫婦の思いが美しい。なんといっても感動的なのは、これが夫婦の最後の旅であること。いつかこんな旅をしてみた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月30日

     友人の影響で少々万葉集にはまっている。その流れで永田河野夫妻のこの本も京都人としては一読しておこうと、巣ごもり中に読んでみた。
    「たとへば君 ガサッと落葉すくふやうに私をさらつて行つてはくれぬか」
    まるで与謝野晶子のようなズバリとした表現に男性ならお手上げだろう。
    「とげとげともの言う妻よ疲れやす...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています