僕の場所

僕の場所

作者名 :
通常価格 814円 (740円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

大好きだった土地の想い出、忘れることのできない言葉、建築への目覚め、鋭く研ぎ澄まされた感性、数々のプロジェクトに込められた想い。既存の枠組みに果敢に挑戦する創作姿勢は、いかにして形づくられたのか―。隈研吾の思想と行動の原点、独創をつらぬく精神の歩み。そして、新たな建築哲学。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 理工
出版社
大和書房
ページ数
272ページ
電子版発売日
2014年08月29日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

僕の場所 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年02月11日

    『三低主義』に続けて読んだ。この本の中で語られていたエピソードの大元の部分がじっくり書かれている。
    物を作る人の、子供のころの経験、環境、かかわってきた人たちが
    直接間接に影響していることを知るのは面白い。
    同時に、建築の世界の概要を簡単に知ることもできる。
    隈研吾の手による建物を、いろいろと見に行...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年08月17日

    月並みですが、子供のころ持っていた感覚を忘れず大事にしないとなあと思いました。

    「生物にとって、世界というのはまず地面であり、床だからです。… そのせいか、今でも人のはいてる靴が気になります。この人はどう世界とつながっているか、どう自然と接続しているかが、靴を通じてわかってしまうからです。…その意...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年09月15日

    全ての建築は犯罪。
    中でも個人住宅はもっとも犯罪性が強い。
    個人の欲望やエゴを物質を通じてリアライズする。
    お金をかけて、資源を消費し、エネルギーを消費しなければ作れない。結果として、一つの場所を占有し、環境を変えてしまうのが建築の宿命。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年06月07日

    人間は日記を書いたり、写真を撮ったり、ツイートしたり、昔から痕跡を残すことに必死になる生物なのです 人間の身体は床に触れないわけにはいかない。人間には質量があり、質量には重力がかかる 確かに靴を変えると、自分と世界が変わったような気分になります

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています