幼年期の終わり

幼年期の終わり

作者名 :
通常価格 756円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

地球上空に、突如として現れた巨大な宇宙船。オーヴァーロード(最高君主)と呼ばれる異星人は姿を見せることなく人類を統治し、平和で理想的な社会をもたらした。彼らの真の目的とは何なのか? 異星人との遭遇によって新たな道を歩み始める人類の姿を、SFの巨匠クラークが哲学的に描いた傑作。初版刊行から36年後、現代に合うように著者が物語に調整をほどこした新版、初の邦訳!

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社古典新訳文庫
電子版発売日
2014年08月08日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年05月06日

新訳ということで「少年期」に挫折した本を再び手にした。「青年期」の終わり、いや「壮年期」の私にちょうど良いタイミングだったかもしれない。まるでクリストファー・ノーラン監督の映画を一本観たような読後感。良かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月12日

異星人が地球へやってきた。圧倒的知性を持った姿を見せない彼らに人類は統治されることとなる。史上かつてない平和で理想的な社会となったが・・・。
現代の地球に異星人が突然来訪しコンタクトを取るようなことが起きたら、実際はどうなるのか。そして人類はそのような状況に対してどう行動するのか。コミュニケーション...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月08日

【突如、アメリカ上空に巨大な宇宙船が現れる。異星人たちは自らをオーヴァーロード(最高君主)と名乗り、姿を見せぬまま人類を統治し、またたく間に平和な世界を実現させた。彼らは一体何者なのか? 彼らの真の目的とは何なのか?】

 政治家の汚職や警察の不祥事、民族同士の紛争をニュースで見て失望するたび、人間...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年12月23日

種族単位での子供と親の視点、現在・過去・未来の平行した世界、終末に関する考えが興味深かった。
物語も面白い。オーヴァーロード同様に人類もまた子供の行く末を見守ることができなかった。

時間の円環構造のところはちょっとまだよく理解できていない。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年11月13日

2016/11/12-2016/11/13
星4.7

「宇宙人が来る!」という文脈を非常に上手く畳み込み、多層的な展開に仕上げた、読んでいておもしろい作品だった。
登場人物に心情移入することはなかなかできなかったものの、その分メタな視点で物語を楽しむことができた。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play