黄泉坂案内人

黄泉坂案内人

作者名 :
通常価格 648円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

タクシー運転手の速人が迷い込んだのは、この世とあのよの狭間を漂う入日村という不思議な村。そこで会った少女・彩葉と共に、速人は迷える魂の「未練」を解く仕事を始めるが……。心にしみこむ物語!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年07月29日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2015年01月15日

最後はもう悲しくて切なくて、でもスカッとさせてくれて、さすが仁木さんだなぁと。でも、でも、私はハッピーエンドがよかったよー!( ノД`)シクシク…

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月15日

設定に惹かれて読みました。
ポップな表紙から軽くて楽しい展開を想像していたのですが、意外と重めのお話でした。
登場人物が重い過去を背負っていて…みたいな作品は苦手なのですが、ファンタジー要素が強めだったからかすんなり読めました。
しいて言えば、最後の終わらせ方が少々無理矢理かなと。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年11月21日

うつし世とあの世の狭間にある「入日村」に迷い込んだタクシードライバーが、あの世に行けずにさまよう魂の未練を解く仕事を任されることに。世界観や設定はすごく好みでした。人情話はよかったですが、後半に話を広げて展開させてからは駆け足すぎた感があって残念。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年10月10日

この世界には、私たちの生きている世界と、黄泉の国である死後の世界がある。この世界で人が亡くなると、みな黄泉坂を上って黄泉の国へ行くのだ。
現世に未練があり、上り切ることが難しい魂たちを手助けすることになった主人公速人の物語。
のほほんと死後の世界が明るく照らされる内容で、この黄泉坂案内人たちと、狭間...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年09月30日

多くの皆さんが書いていらっしゃったように、分かりにくい所はありましたが、ファンタジーですし自分の想像で埋めて読んでみればいいかな、といったところです。
東京者の自分には関西弁のセリフが多い文章は読みにくい、というのもありましたが…。
「だいだらさん」や「玉置さん」、好きだなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています