芙蓉の人
  • ptバック

芙蓉の人

作者名 :
通常価格 549円 (税込)
紙の本 [参考] 550円 (税込)
獲得ポイント

221pt

  • 40%ポイントバック

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

日々の暮らしに欠かせない天気予報。明治期に、この予測をより正確なものにするべく命を懸けた夫妻がいた。野中到(いたる)・千代子夫妻――到は私財を投じて富士山頂に気象観測所をたて、前人未到の冬期観測を実施。「一人であれば、夫は必ず死ぬであろう」と考えた千代子は、夫を支えるため後を追って山頂に登るが……。世界遺産に登録された霊峰・富士山を舞台に、日本の未来のために初めて富士登山に挑んだ、実在の夫婦の感動物語! 2014年7月26日からNHK総合で連続ドラマ化(全6回)。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
電子版発売日
2014年06月13日
紙の本の発売
2014年06月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2019年03月26日

意義深く、偉大な仕事に打ち込めること。
その想いに寄り添ってくれる人がいること。

この二つ、自分の人生に出逢えれさえすれば。
その人は大成功したと言えるんだと、思いました。

ありきたりですが。
一人で戦うのはある意味簡単で。
自分に続く二人目を得れること。
この二人目の熱さで。
翻って己の人生が...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年02月26日

私費を投じて気象観測の道を切り開いた男と、支えた女。粗筋を知っていたが、明治の夫婦の並なみならぬ覚悟に胸うたれる。しかし、現代ならばマスコミやネットで…と思わないでもない。凄まじい冬山の猛威に挑み、夢半ばで倒れた無念さに涙溢れる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月31日

藤原正彦さんの本は何冊も読んでいるが、御父上の新田次郎さんの作品は読んだことがなかった。初めて読んでみたが、一気に引き込まれる文体で、夢中になって読めた。3日で読めた。富士山の頂上という極限の環境下で、「そこまでしなくても」と思わせるほどの気迫をもって気象観測に取り組む二人。すさまじいと思った。新田...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月24日

ありえない。。明治でしょ、富士山で?山頂で越冬??そんなの絶対無理無理。と思って、そんな非現実的なことなんて全然無理無理と思って読み始めた。
そして二人とも高山病と寒さで11月にはすぐ死んでしまいそうになるのも、そりゃ頷ける。でもでも、あの時代にトライしようとしたのが本当にありえなくてすごすぎる。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月21日

作者の登山(?)ものはよいですね。過酷な環境に置かれた人の限界の挑戦の物語は引き込まれます。
明治の時代においてつつましくあらねばならぬ女性が表舞台に立って活躍をした事実は日本における女性の地位を高めることに役立ったのでしょうね。
他の作品も追々読みます。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています