王子と小鳥
  • 完結

王子と小鳥

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

貧乏美大生・圭一が目覚めるとそこは砂漠の国のオークション会場だった。借金のカタに奴隷として出品された彼が、強欲な第一王子の手におちようとしたその時…。表題作他、王子と圭一の後日談描き下ろし付き。

ジャンル
出版社
芳文社
掲載誌・レーベル
花音
電子版発売日
2014年05月23日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
55MB

関連タグ:

王子と小鳥 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年07月28日

    再読。王子はあまり多くは語らなくても表情でグッと心に入っていった。ツボだったなー。主人公は王道な性格とは違ってちょっと変わったタイプなところがイイ。(楽天家というのかな)
    この作品大好きです!!

    このレビューは参考になりましたか?

    noo 2020年06月15日

    何度読んでも面白いです。
    一冊の中に恋愛においての山場と、ストーリーにおいての山場、どっちも入れて面白くしてくる。
    この作者さん天才だなっていつも思います。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    オススメ!

    くるくる 2020年05月11日

    これは良かった。ジーンと心に染みる感じです。
    ぜひ読んで欲しい!
    再会後の2人をもっと見たかった。
    続編を期待します!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    面白い

    ポテトチップスりんご味 2020年03月22日

    最初は笑えるという意味で面白かったんですけど、中盤はけっこう辛かったです。最後、その後のお話がもう少し欲しかったです!スピンオフ欲しい!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    もどかしい

    青臙脂 2019年02月12日

    アラブ風ですが富豪感は余り感じません。
    エッチなシーンは同時収録の読み切りに集約されてる感じ。
    本編はそういうのもあるけどサッと終わります。
    ただただずっともどかしいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月04日

    ヒコさん作品の中で【丸角屋の嫁とり】と1、2を争うくらい大好きな一冊。
    ヒコさんは切なさ描かせたらホントずば抜けてる漫画家さんだ。 多分同じモチーフで他の人が描いてもこうじゃない。 技術や経験じゃない、センスの問題だろうな〜と思う。
    どの作品にも共通している「大切なモノ」の捉え方がイイ。 力いっぱい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月06日

    落ち着いたトーンで進むので、後からじわじわ萌えがきました。
    読み終わったあとにまた読み直してハマり中。
    言葉が通じないので、たどたどしいやり取りになっているのがツボです。
    主人公の何気にしぶとくて、スローなペースもいい味出してます。

    あと、おうじ、かっこよすぎます

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月29日

    話の入り方が特殊。
    身分とか国の考え方とかで切なくなる。
    鈴木と王子の恋心が、じんわりじんわり できあがるのが良い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月20日

    アラブ系BL。
    王子と奴隷という間柄でありながら、
    他のアラブ系のような束縛系はなし。
    ただ、どうしようもない痛さと切なさがある。

    あたたかくなれる一冊。
    王子も鈴木も器用で不器用。
    この2人の続きが気になる一冊。
    個人的には、収録作の「淋しさの値段」が愛しい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月19日

    アラビア語は難しくて
    王子の言ってることはほとんどわからない。
    でも、あの言葉だけは
    わかってしまったんだ。
    だから、たとえどんなことがあっても、
    ただハーリドに、会いにいくよ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

同じジャンルの本を探す

王子と小鳥 ページトップヘ