王子様と灰色の日々(1)
  • 完結

王子様と灰色の日々(1)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

酒飲みの父、貧しい家。不幸を仕方ないとあきらめ過ごす高校生の敦子(あつこ)は、ある日、大金持ちの男子、至(いたる)・遼(りょう)・信也(しんや)と出会ったことで運命が反転。瓜二つの、乃木(のぎ)グループの跡取り息子・至の身代わりに仕立てられる。「王子」となった敦子が、「宮殿」の中で得たもの、そして失ったものとは――?――この世で一番不幸なことは、人を好きになること――。“王子”達の切なく美しいラブ・ストーリー。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
ARIA
電子版発売日
2012年03月16日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
48MB

関連タグ:

王子様と灰色の日々(1) のユーザーレビュー

    購入済み

    定期的に読み返して泣いてます。

    ぐっち 2017年06月23日

    とにかく私の涙腺にクリティカルヒットする作品です。
    好きで、大切で、暖かくて、だから手放したくなくて、でも手放さないことも苦しい…。
    そんな敦子ちゃんの健気さに心が揺さぶられていつも中盤から涙がこぼれます。
    優しくて切なくなるオススメの漫画です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月26日

    だいぶ前に読んだのに登録漏れてた。
    本屋で見かけてなんとなく読み始めたけれど、終盤がっつり心を掴まれた。
    なんなのみんな必死で、優しくて、かわいすぎる…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月03日

    2014/01/30
    【好き】少女漫画…。 不遇で貧乏な少女:敦子がお金持ちの王子様:至の身代わりとなる。 なんでもある思っていたそこには別の不幸があることを知る。 それでも小さな幸せを支えに頑張る敦子。 まだ話の先が見えないせいか切ない気持ちでいっぱいになった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月15日

    あまり少女漫画は手にしないのだけれど、ずっと表紙の雰囲気が気になっていたので思い切って今回購入。
    おもしろかった!
    個人的に男装女子というと、なんとなく某花ざかり的なものを連想していたけれど、なんていう灰色‥!

    主人公の敦子ちゃんが特にけっこう大変な境遇であるのに、ちょっとした事に嬉しく思ってたり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月04日

    女の子が主人公でBLレーベルではないのでどうかな?と思ったけど、楽しく読めました!
    失踪した御曹司(女装癖?あり)の身代わりになるため、主人公が男装して男の子を演じるというストーリーですが、御曹司の至が可愛くて可愛くて(*´∀`*)
    周りの男子に愛されてるのも良かったです

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月23日

    すっごいおもしろかった!いじらしい子はいいね!!…けど、これ主人公男の女装もののがよかったんじゃないの?っていう(^^)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月13日

    金持ち息子の身代わりになる貧乏女子っていう、最近ありがちなイケメンわらわら少女マンガかと思いきや、絵柄のせいもあるのか淡々として切なくてすごく良い。
    コメディもところどころ入り良いテンポ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月23日

    髪を切るシーンに、別漫画の某キャラクターを思い出して、ああやっぱり自分はヒコさんが大好きだなぁ、と思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月18日

    男装する女子もの。
    今巻は、登場人物の事情と、準備の話。
    貧乏な身の上の主人公が、金持ちの事情に巻き込まれていくのだが、バイト代とはべつにただ感謝されたのが嬉しかった、という理由で、筋肉をつけたり声をつぶそうとしたり努力する様が健気。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月04日

    一風変わった、不器用な思春期のお話。
    よくある劣悪な家庭環境で人の温もりを知らないまま真っすぐ育った主人公が、温かい気持ちを受け止める器を持ってて救われる。

    濡れ場らしい色気のあるシーンはないのに、妙に艶っぽい。
    人間の発する暖かさと湿度が伝わってくる作品。

    このレビューは参考になりましたか?

王子様と灰色の日々 のシリーズ作品 全4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 王子様と灰色の日々(1)
    完結
    酒飲みの父、貧しい家。不幸を仕方ないとあきらめ過ごす高校生の敦子(あつこ)は、ある日、大金持ちの男子、至(いたる)・遼(りょう)・信也(しんや)と出会ったことで運命が反転。瓜二つの、乃木(のぎ)グループの跡取り息子・至の身代わりに仕立てられる。「王子」となった敦子が、「宮殿」の中で得たもの、そして失ったものとは――?――この世で一番不幸なことは、人を好きになること――。“王子”達の...
  • 王子様と灰色の日々(2)
    完結
    貧しい家の女子高生・敦子(あつこ)は、自分にそっくりな大金持ちの家の息子・至(いたる)の身代わりとして、側近・遼(りょう)とともに、慣れないながらも、日々“王子”として過ごしている。一方、失踪した“王子”至は、人には知られたくない秘密を抱え、夜の街で働いていた……。美しい“王子”達の裏側に隠された、悲しみ、弱さ、そして愛とは……?“王子”達の、苦くも甘い、片恋ストーリー!
  • 王子様と灰色の日々(3)
    完結
    「この世で一番不幸なことは、人を好きになること」。そう思い暮らしてきた貧乏な女子高生・敦子(あつこ)は、失踪した大金持ちの息子・至(いたる)の身代わりとして、教育係の遼(りょう)とともに大きな屋敷で暮らしていた。しかし敦子は、至を憎む大悟(だいご)に正体を暴かれてしまう……! 「助けてほしい。でも言えない、身代わりだから」。敦子の悲痛な願いは、遼に届くのか……? 切ない思いが交...
  • 王子様と灰色の日々(4)
    完結
    「人を好きになって知った、この胸の痛み――。」至のためにがんばる遼の姿にいつしか惹かれ、初めての恋心に戸惑う“身代わり王子”敦子。そんなある日、乃木家に対する遼の裏切りの計画を知り、敦子の心は千々に乱れる……。至の元服式が近づくなか、敦子が選んだ決断、そして遼への想いは……!? 不器用な“王子”達が紡ぎ出す切ない物語、感動の最終巻!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています